この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

消費税増税法案衆院可決。二大政党制は夢も希望もない、増税をかけるための二大政党制だったのか? 『日本はイギリス型の二大政党制に向かっている?』

『日本は、二大政党型を目指したんだけれども、その二大政党が、イギリスの「保守党」対「労働党」のようなものになっているのかもしれない。

アメリカの政権交代と違って、イギリスでは保守党と労働党が交替したことで、「英国病」というものが流行りました。「保守党のときには自由にやれるが、労働党になったら企業がどんどん国有化されて、ガタガタになっていく」という繰り返しをやった結果、イギリスが弱っていき、「サッチャー革命」が起きましたよね。

日本も、そういうイギリス型の二大政党制に向かっているのではないかという感じがします。JALのあとは、東電の国有化が起きようとしていて、どんどん国有化しつつある。経営が分からない人は、すぐに国有化しようとし、いくらでも税金をつぎ込める体制をつくろうとするので、怖いんですよ。

イギリスの社会保障費をぶち切ったのは、マーガレット・サッチャーですよね。彼女は、悪評をずいぶん受けながらも、「サッチャリズム」を十一年やり、「福祉国家は国を衰退させる」ということで社会保障を削った。
さらに、教育費も削ったもんだから、学校関係者からは、もちろんブーイングでしたけども、今の民主党の幹事長は、日教組の親分みたいな人で、教育関係はほとんど聖域でしょうから、基本的に削る気はないと見ていいでしょうね。
-中略
でも、その先がないんですよね。自民党にしたって、やはり、増税路線は一緒だし、民主党だと、今の人に辞めていただいても、どうせ、また次の人が出てくるでしょうが、どんな欠陥を持った人が出てくるのか、ちょっと怖いところがありますよね。

まあ、夢も希望もない二大政党制になってしまいましたね。昔は、憲法改正のために二大政党制をつくりたかった人もいたんだけど、今は、「増税をかけるための二大政党制だったのかな」という感じですね。』

     ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
            第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。

いや~、ちょっと、足の指が腫れ上がって、歩くのも困難になっていたので、
先週、思い切って、限界に達した足の親指の手術をしたのですが、
手術をしたら楽になるかと思いきや、10日経っても血が止まらず、
痛みも和らがずで、ひたすら通院の今日この頃。
そんなこんなで、なかなか、記事に集中できませんでした。

と、恒例の言い訳はこれぐらいにして、今日はまず幸福実現TVをご覧くださいませ・・。

「増税が招く日本の滅亡」 幸福実現TV 第67回


はい、あえばさん、今回はマジで怒られてましたね。
消費税増税は、消費停滞、景気低迷を招き、失業者、企業倒産は増加。
そして、税収は減少するんですね。

税収が減少したら、また、政府は、税率を上げるのでしょうかね。
そんなことしていたら、延々と、増税が繰り返されますね。
そして、国民は、どんどん貧乏になり、税金も納められなくなりますね。
そしたら、もっともっと国家は衰退していきますね。
はぁ・・今は、増税ではなく、まず、景気回復ですよね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
石原節、相変わらず健在ですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

国民無視、談合政治で決める消費税増税。橋下市長持ち上げにご執心の多くのマスコミ。日本の政治・マスコミはもう腐ってる?! 『橋下徹は宰相の器か-後編』

「持ち上げて落せるタイプ」を求める日本のマスコミ
『橋下さんの「大阪維新の会」は、何か危ない感じですねえ。ああいうタレント風のドタバタがやれる人は、マスコミ受けして記事になりやすいから面白いでしょうけどね。以前の宮崎県知事の方に続いて、まあ、似たようなキャラですが、この国のマスコミは、もう腐っていますよ。もう駄目です。

基本的に、彼らは、何というか、持ち上げて落とすことで、売り上げをダブルにできるタイプの人を求めているんでしょうね。 
-中略
ああいう橋下さんのような人は、上げるだけ上げてから落とすと、売り上げがすごく出るので面白い。彼は口が立って、ギャアギャア言うから、いいんでしょうけど。

まあ、日本のマスコミも落ちたもんですねえ。ずいぶん落ちたもんだと思う。政治家のほうも、それは先刻承知なので、政策的ではない部分で国民を動かそうとして、国民の感情の部分を操作しようとしている。そういう意味での怖さのようなものはありますよね。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
            第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、ここのところ仕事もはかどらず、記事も進まず、
なんか、ボーッとして、ちょっと体調が悪いのかなと思っていましたが、
ふと温度計を見ると、なんと、私の部屋の温度は、30℃を超えていました。

ふぅ・・暑かったんですよね。
だから、何もやる気が起きなかったんですよね。(と、責任転嫁。)
ということで、今日、今年はじめて、冷房を入れてしまいました。
やっぱり、脳をスッキリさせなきゃだめですね・・。

さて、脳と言えば、先日、また、脳死の状態で、家族が臓器提供承諾して、
臓器提供手術が行われたとの報道がありましたね・・。
【6歳未満脳死判定】「体の一部となって長く生きてくれる」 臓器提供承諾の両親 - MSN産経

はい、今回は、なんと、6歳未満の子供の脳死判定なんですね。
そして、そのご家族が、臓器提供を承諾されたと・・。
なんとも、痛ましいニュースです。

私は、脳死・臓器移植の件については、以前、二回記事を書きました。
脳死による臓器移植の真相-脳死者は臓器を取られると驚愕する 2010.8/20記事。
ほんとうの死とは何か-「唯脳論」は新しい唯物論 2010.9/5記事。

はい、脳死は人の死ではありません。
脳死状態では、心臓も動いているし、血液も流れています。
この世的に見ても、まだ、死んでいないのです。
そして、霊的に見ても、心臓が動いている状態では、
まだ、「自分が死んでいる」と思う人はいないのです。

そんな状態で、臓器を取り出したら、自分は死んでいないと思ってるのに、
臓器を取り出されたら、そして、そのことにより、死に至らしめられたら、
いったい、その人は、どんな気持ちになるでしょうか。
自分がまだ生きているのに、臓器を取られたら・・。

臓器提供に承諾されたご両親は、自分の子供が、他の人の身体の中で、
長く生きてくれるとの思いで、子供さんの臓器提供に承諾されようですが、
その臓器を取られる子供さんの心、魂が傷つくことを考えておられないようです。

人間の魂は、死んでも残ります。
もし、生きたまま、臓器を取られたら、その恐怖で、その驚きで、
その怒りで、スンナリあの世へ還れなくなってしまいます。

他の人々を救いたいという気持ちは、とっても崇高なものだと思います。
だから、ご自身が、他の方を救いたいという気持ちで、
臓器提供に承諾されるのであるなら、別に、私はとやかく申しません。
でも、本人が承諾していないのに、家族の承諾で、臓器提供が行われるということに対して、
私は、なんともいえない憤りと哀しみを感じます。

ほんとにう子供を愛しておられるのなら、子供がスンナリと、
あの世に還れるようにしてあげるのが、親の務めではないでしょうか。
霊的真実をもっと知っていただきたい。
生きたまま、臓器を取られて殺される人が増えないようにと祈るばかりです・・。

脳死臓器移植、6歳未満で初の事例 霊的真相を知らねばならない | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党

さて、今日もニュースを少し拾ってみました。
日本の政治も、もはや、地に堕ちたようですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

国防への警鐘を鳴らす映画「ファイナル・ジッャジメント」をロイター通信が世界に紹介 ! 片や日本のマスコミは・・。 『橋下徹は宰相の器か-前編』

橋下氏に対しても「ファイナル・ジャッジメント」を
『今の私の立場はニュートラル(中立)です。
橋下氏について、政策的には、「是」の部分も「非」の部分もあるように思います。
また、現在、彼に対する人物論が盛んなようですが、これまでの行動だけでは、どういう人物であるか、分かりかねる面があります。

この人の政治手法は「ハシズム」とも言われ、彼はヒトラーのように言われたりすることもありますが、私もヒトラーのように言われたことがあるので、これだけでは、彼について何とも申し上げられません。

マスコミのおもちゃにされるだけなのか。それを逆利用するところまで力があるのか。
本心では、本当に国政に進出し、総理・総裁まで狙っているのか。あるいは、それは単なる「から騒ぎ」であって、「大阪都ができたら、それでよい」と思っているのか。このへんについて知りたいところではあります。』

    ---「徹底霊査 橋下徹は宰相の器か」1.橋下徹大阪市長を霊査する理由 より

05251539_4fbf292c16282.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いやあ、なかなか記事が書けなかったのですが、
いざ、書き出すと、記事の長さが、いつもの倍近くになってしまって、
終止がつかないので、結局、途中で、記事を二つに分けることにしました。

あっ、以前から、分けてみようかなと思ったことも、
また、友人からも分割かして見れば・・とも言われていたのですが、
それをすると、続きを更新するのにまた日があいてしまうので、
なかなか、踏み切れなかったんですよね。

でも、今回は、ほぼ書き終わってから、分割することに決めたので、
恐らく、後編は、早いうちに更新できると思います。(たぶん・・)

さて、毎日、政治の報道を見ていると、嫌になっちゃいますね。
日本の政治、ほんと、おかしいですよね。
特に、今の日本の首相、おかしすぎますよね・・。



マニフェストはイギリスで始まりました。
ルールがあるんです。
書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。
これがルールです。
書いてないことをやる。
これっておかしいと思いませんか。 by野田。


はぁ・・書いてないことを命懸けで実行しようとする野田首相。
マニフェストに書いていない、消費税増税に躍起になっている野田首相。

こんな嘘つきの人が、日本の首相をしているんですね。
ルールも守れない人が、日本のトップなんですね。
これって、おかしいと思いませんか?
野田首相~ ! 

そして、そんな消費税増税に真っ向から反対せず、
消費税増税ありきで修正協議を続ける自民党。
これも、おかしいと思いませんか自民党~ !
【消費税増税】きょう決着へ調整 一体改革3党協議 民主党内手続き焦点 - MSN産経
もう、二大政党、終わっていますよね・・。

ただ、まあ、民主党内で、まだ、反増税勢力が頑張っているようなので、
ここはなんとしても、阻止していただきたいですね・・。
民主“内戦”状態 「反増税派」結集、執行部にも亀裂 - MSN産経

国民に信も問わず、国民不在のなかで進められる消費税増税。
こんな政治を、このまま許しておいていいのでしょうかね・・。
[HRPニュースファイル302]主権者・国民の承諾なくして課税なし!―民主・自民の国民不在の談合増税を許すな!

まあ、以前は、私も、自民党を支持していたんですよね。
でも、今の自民党は、もう民主党と同じですよね・・。
ほんとにやばいぞ日本 !!! 『民主党も自民党も人材難だし、マスコミは完全な鎖国状態』
2/4記事。

さて、鎖国状態の日本のマスコミは、国防無知の橋下市長にご執心のようですが、
世界最大の国際通信社ロイターは、今、日本で上映中の、映画「ファイナル・ジッャジメント」
の映像を、世界に向けて、紹介されたみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

霊界の宣伝マンも死んだらおどろいた?! 死んでも映画が気になった?! 『丹波哲郎 大霊界からのメッセージ -映画「ファイナル・ジャッジメント」に物申す-』

『本書自体が、あの世からの、映画「ファイナル・ジャッジメント」への推薦文だと考えてよいだろう。丹波氏としては、使命の完成を願っていることだろう。

されど、もう一点、「ファイナル・ジャッジメント」には、重要な役目がある。
映画の上では架空の国であるが、「オウラン人民共和国」にはモデルがある。
唯物論・無神論を国是として、他国への侵略を着々と狙っている国である。
この国からのわが国への侵略を防ぐことも、三年前、私が「幸福実現党」を立ち上げた理由の大きな一つである。

今、尖閣諸島、沖縄へと着々と魔手は伸びている。国民は唯物論好きで宗教嫌いのマスコミに洗脳され、日本の命運も、観方によっては、風前の灯である。
生前の丹波ファンだった皆さんにも、私たちを応援くださればと思う。』

       ---「丹波哲郎 大霊界からのメッセージ」
       -映画「ファイナル・ジャッジメント」に物申す- あとがき より

05192033_4fb784f8b6ed3.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、ちょっと、映画を観たり、書籍を読んだり、
イスから落ちて転んだり、いろいろ忙しい日々でした。
(なんやそれ・・笑)

はい、そんな忙しいなかで、新刊書籍「橋下徹は宰相の器か」
が緊急発刊されたので、私も、近所の本屋さんに出向いたのですが、
どこの本屋さんも既に売り切れで、本屋さんで買えなかったんですよね。

大阪市民は、やっぱり、橋下さんのことが気になるのでしょうかね。
それとも、橋下さんが、読まれたくないから、買占めにまわっているのか。
(んなことあるか?笑)

ということで、仕方がないのでAmazon で購入。
あっ、Amazonさん、いい仕事してますね。
頼んだ次の日の午前中にもう到着。
んで、即、読了。
はい、そして、読んだ感想は、また、後日・・。(いつのことやら。笑)

さて、橋下さんの話はこれぐらいにして、今日もニュースを拾ってみました。
と、言いたいのですが、また長くなりそうなので、
今日は、ニュースはやめて、早速、本題に突入したいと思います・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示