この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

増税より、国民に消費を促せ ! 『「国民一人当たり十万円の消費支出」で日本は立ち直る』

『今、「増税をしないかぎり、日本は、絶対に立ち直らない」というような言い方をしているけども、これは嘘ですよ。
まったく増税しなくても、例えば、国民一人当たり、一年に十万円ぐらい余分に消費支出をしてもらえばいいんです。要するに、「税金は取りませんから、その代わりに、何でもよいので、国民一人当たり十万円を使ってください」ということにするわけですね。

一人で生活している人は十万円、夫婦二人だったら二十万円、子供が二人いる四人家族だったら四十万円を使ってくださいということです。一家でファミレスに行ってもいいし、沖縄旅行に行ってもいいし、自動車の修理をしてもいいし、銀座に寿司を食べに行ってもいいし、ユニクロのダウンのコートを買いに行ってもいい。
何でもいいので、とにかく、一人当たり年間十万円を使ってもらうことにするわけです。

これを五年、十年と、ずっと続けてもらえば、経済成長率は、年率3・5パーセントぐらいになるはずです。これでいくと、法人税も所得税も消費税も、全部増収になってきますし、3・5パーセントぐらいの経済成長率であれば、インフレにもなりません。

私が政府を許せないのは、「増税をかける」と言いながら、「二年でデフレ脱却する」と言っていることです。こういう、嘘のような、本当のような、タヌキのようなことを言ってもらっては困るんですよ。
増税をかけながら、どうやってデフレを脱却するんですか。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
   第2章 日本の活力を復活させるには 2.「増税しないと国が潰れるという嘘」 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。
いやはや、なんとも落ち着かない日々を過ごしております。
入院中の母の検査も終わり、いろいろと疾患が発覚したのですが、
そのなかでも、5cm弱の腹部大動脈瘤が見つかったんですよね。

はぁ・・、これ以上大きくなったら、破裂して即死する確率が高いようなんですね。
でも、今年、87歳になる母が、手術に耐え得るか、術後は寝たきりにならないのかと、
いろいろ問題があって、手術のほうも、リスクが大きいんですよね。

おまけに、入院中に転倒して、まったく歩けない状態になっているのに、
入院中の病院の医師から、「今後は専門病院に行ってください」と言われ、
今週末には退院するようにと言われたんですよね。

ふぅ・・そんな母が帰ってきて、世話ができるのか。
痴呆が進む父と、病気で動けない母の面倒を、このまま一人でみれるのか。
などと、ちと不安を覚えながらも、まもなく退院する母の介護、
看護状態を整えるべく、あっちこっち飛び跳ねています。(いや、激走。)

まあ、この世に人間として生まれたら、避けては通れない四苦八苦。
人間として生まれたら、誰ひとり逃れることができない生・老・病・死の四苦。
そして、その四苦に、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦の四苦を加えて八苦。

愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別れる苦しみ
怨憎会苦(おんぞうえく)嫌いな人と会う苦しみ
求不得苦(ぐふとっく)求めても得られない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく)肉体の煩悩が燃え盛る苦しみ
(悟りの挑戦 上巻 P41~参照)

H0143.jpg

はい、人間の四苦の最後に、死というものがありますが、
これは、誰も逃れられないんですよね。
でも、死とは、肉体の死であり、魂は、永遠なんですよね。
だから、肉体が死んで焼き場で焼かれても、心、魂というものは、
あの世に還っていくから、死というものは、この世の卒業なんですね。

まあ、そういう意味で、母も私も、死に対する恐怖はないのですが、
せめて、死ぬ時だけは、あまり苦しまなくてすむように、
コロリと楽に還ってほしいと、ただ、それだけを願っているんですよね。
まあ、破裂したら、コロリと還れるらしいのですが・・。

まあ、何にせよ、母が笑って逝くその日まで、せっせと世話をしたいと思う今日この頃です。
(とかなんとか言いながら、100歳まで生きたりして。あっ、祖母が逝ったのが102歳・・。)

さて、余談はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
24日に通常国会が召集されましたが、これは、消費税国会のようですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

増税から始まる日本の危機 ! ! ! 『歴史上、大震災のときに増税をした権力者はいない』

『日本の歴史を見るかぎり、あれだけの大震災があったときに増税をかけることのできた権力者というのは、いないと思いますよ。必ず、反乱や革命が起きるから、できないんです。
復興増税だけなら、まだ何とか、いちおうの弁解の余地というか、国民に言い含める余地はあるけど、それだけでないことは、あの政府広報を見れば明らかですね。

つまり、2011年12月4日の段階で、「さらに、これから、まだまだ増税をかけるぞ」と、 もう、やる気満々で宣言しているわけです。これは、ある意味で「宣戦布告」ですよね。

これに対するマスコミの弱腰は驚くべきことです。これは、この政権がマスコミとの"連立政権"であることを明らかに意味しています。自分たちが推して、民主党政権にしたので、自分たちで引きずり降ろしながらも、「『この政権は、やはり間違いではなかったのだ』という余地を残しておきたい」という感じかな。

だから、NHK出身の人(安住淳氏)を財務大臣に置いていますし、翌日の12月5日の朝日新聞の社説では、増税に対するまったく同じ意見をズバッと書いてありましたので、ちょっとあきれ返るというか、戦時中の「提灯持ち記事」のような感じを受けました。

政府とマスコミが、それだけ完全に癒着し、マスコミが、政府の考えていることをその通りにしか言わないというのは、北朝鮮と中国ぐらいではないでしょうか。私はイスラム教圏の新聞は読んでいないので、よく分かりませんし、今、各地で反乱が起きているから、ちょっと違うかもしれませんが、人々をうまく押さえ込んでいるときのイスラム教圏は、もしかしたら同様かもしれない。

ただ、私たちが知っている世界では、「国営放送や新聞等で、政府とマスコミの意見が完全に一致し、マスコミが政府のスポークスマンとして代わりに言っている」という状態が起きているところは、ほかには北朝鮮と中国しかありませんね。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
  第1章 忍び寄る国家社会主義の影 2.野田首相の心の底に流れる「左翼全体主義」より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、おひさしぶりでございます。
母が入院してから既に3週間が経ちましたが、
なかなか、全ての検査の結果が出ず、治療方針が決まらないんですよね。

そして、母がいないと、余計にボーッとし出した父を、足繁く、
母の病院に連れて行っているのですが、病院から帰ってしばらくすると、
「長い間、おばあちゃんに会ってないな」とのたまう父。
「はぁ?今さっき、会ったとこやろ~! 」と突っ込む私。
はい、コントのような2人暮らしをしている今日この頃です。(なんでやね~ん。)

あっ、でも、そんな父が、今日からショートステイに行ったんですよね。(もう昨日かな・・)
だから、2~3日は一人暮らしになるので、ここぞとばかりに仕事を仕上げ、
久しぶりに、落ち着いて、パソコンに向かっています。
今日は、中身が濃く、簡潔な記事が書けそうです。 (ほんまかいな・・。)

さて、今日はまず、書籍のご案内から。
以前も、ご案内しましたが、1月18日に、2冊、同時発刊されたんですね。

65bafb33709547c99bf6598d56a4d1cf_20120118231419.jpg   0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

はい、私は、18日に2冊とも入手し、早々と読破しました。
あっ、私は、いつも、書籍の一部をご紹介していますが、
書籍の全内容はご紹介できませんので、ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、この2冊に引き続き、前回記事にてご紹介した2つの公開霊言も、
速攻、書籍化され、1月27日には発刊されるみたいですね。

日銀総裁とのスピリチュアル対話
「通貨の番人」の正体

バブル懸念で好景気を潰し、デフレ脱却には及び腰。
日本経済を成長させない日銀とは何なのか。
金融政策の責任者・白川方明日銀総裁の本心を明らかにする。

【発行:幸福実現党】

もしケインズなら日本経済をどうするか
日本を復活させる21世紀の経済

日本が直面する財政・年金危機、超円高、TPP問題、震災復興―――。
ケインズなら、こう解決する。経済政策の次の一手が明らかに。

【発行:幸福実現党】

H7016.jpg   H7017.jpg
「「公開霊言」シリーズ」 | 幸福の科学出版

はい、いつも通り、書籍の発刊、はやっ ! です。
こちらも、ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、書籍のご案内はこれぐらいにして、今日も少しニュースを見てみます。
先日、野田内閣の改造が行われましたが、改造したら更に酷くなったみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

国家理念と未来ビジョンなき日本が目指す未来は・・ ? 『国家にも「設計図」が必要』

『やはり、何事においても、設計図がなければ物はつくれません。建物であろうと、船であろうと、飛行機であろうと、単純な機械であろうと、設計図がなければつくれないのです。

設計図があれば、大工なり、機械工なり、さまざまな専門家が、それに基づいてつくることができます。このように、設計図を持っていることが非常に大事なのです。設計図さえあれば、人の力を結集し、時間をかけていくことで、次第に設計図の示す方向に向かってできていくものです。

国もまったく同じであり、基本的には設計図が大事です。
国の設計図とはいったい何であるかというと、その国が拠って立つ「国家の理念」です。「何のための国家なのか。国家として何がしたいのか。どういう国にしたいのか」という未来ビジョンを持っていることが必要なのです。

会社で言えば、これは「経営理念」に相当するものです。会社には必ず経営理念が必要だと言われています。経営理念がなく、「ただ社員に給料が払えたらよい」というような会社は成り立っていきません。会社を大きくしたければ、やはり経営理念を持つべきであり、これを社員が共有したときにのみ、会社は大きくなっていくのです。

経営理念があってこそ、社長の心をわが心とする分身ができ、「社長が考える未来のデザインに向けて会社を大きくしていこう」と、社員が一致団結して努力するからです。

国においても同様に、国家の理念があればこそ、国民は実現に向けて、努力、邁進していくものです。したがって、国家の精神的な支柱、中心的な考えというものは、とても大事です。』

      ---「幸福実現党宣言」 第2章 この国の未来をデザインする
            1.この国に必要な「理念」とは より
  
515udo4ioEL__SL500_AA300_.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またちょっとごぶさたしました。
年末年始が終わったら、ちょっと時間が取れると思いきや、
意外に慌しく、目の前に届いた仕事を横目で睨む毎日。
はぁ、仕事しなきゃ・・と焦りながらも、先に記事を書いています。(ええんかいっ! )

そして、そんな慌しいご主人様を横目で見ながら、
我が家の愛犬らぶは、毎日、マイペースな時間を過ごし、
こたつのなかで安眠を貪っています。(おまえは猫かいっ ! )

でも、そんな、こたつのらぶ様を見ていると、ほんと、心が和みます。
動物って、ほんと、存在するだけで、人間の心を癒してくれるんですよね。
今年、14歳になる老犬ですが、このまま、元気に、
私のそばで、のんべんだらりと過ごしてくれればと願う今日この頃です。

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまずご案内から。
昨年から、公開対談、公開霊言が続き、即、書籍化という流れが続いていますが、
お正月早々、また、二つ、公開霊言が収録されたみたいですね。
はい、一つ目は、日銀総裁の白川氏の守護霊の霊言でした・・。(白川総裁もびっくり ! )

公開霊言「日銀総裁とのスピリチュアル対談」(白川日銀総裁守護霊の霊言)



さて、公開霊言の模様が、一部、動画で配信されていましたが、
日銀の白川総裁守護霊の霊言は、ほんと、びっくらこんですよね。
そして、もう一つの公開霊言は、日銀総裁と正反対のケインズの霊言。
ケインズさんの霊言は、今回、二度目ですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

政府は増税より、国防を考えよ ! 『国を滅ぼしに来る者に対する防衛反応は、自然なこと』

『防衛をするのは、ある意味で「自然権」ですからね。
個人の場合でも、自分を殺しに来る人に対して、立ち向かうのは、「自然権」として当然の権利です。法律が保障しようがしまいが、法律があろうがなかろうが、本来、人間が固有に持っている権利ですから、自分を撲殺しに来る者に対して抵抗するのは、当たり前です。

国家も、一つの法人ではないけれども、生き物として考えたら、国家そのものを滅ぼしに来る者に対しては、やはりなんらかの防衛反応が起きるのは、ごく自然なことです。
 
日本国憲法の成立史自体が、何と言うか、アメリカの奇兵隊がインディアンを殲滅して、自治区に追い込んだあとのような状態ですから。
いつまでも、奴隷根性のままでいるのも結構ですが、当然ながら、マッカーサー自身も、憲法制定後、十年もしたら、日本は自分たちで憲法を変えるだろうと思っていた内容です。
 
これに関しては、先ほど言ったドイツでも、憲法は何回も改正されていますし。憲法を変えないのは、なんだか少しおかしい。
「憲法を変えない」ということが、「宗教」に代わったという感じでしょうね、戦後の日本は。

立木党首 - 憲法が本尊になって、信仰の対象になっているということですね。

うん。憲法の第一条に、天皇制を定めたので、「これを宗教の代わりにせよ」ということだったのかな?』

  公開対談 対談者 立木党首
-「日本の未来はここにあり」-正論を貫く幸福実現党- 第2章 「戦後の闇」を打ち砕く より
 
H7011.jpg

ご訪問ありがとうございます。
あっと言う間に年末年始も終わりましたね。(あっ !)
みなさまは、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。

我が家は、年末に母が入院したので、正月気分にもなれず、
父を連れて、ひたすら、病院通いをしていました。
そして、介護事業所の年始休みも終わり、昨日から、やっと、
父も、週3日のデイ・ケアに行き始めたので、少し、時間が取れそうです。

まあ、今年も、昨年と同じくらいの記事更新になりそうですが、
それでも、ブログは、なんとか続けていきたいと思っています。
どうか、今年一年、何卒よろしくお願いいたします。

さて、年始のご挨拶はこれぐらいにして、今日も、少しニュースを拾ってみました。
昨年から、増税、増税の報道で、ほんと、ウンザリでしたが、
今年も、年始早々、増税の報道が飛び交っていましたよね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示