この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

日本を守れない政権は去れ ! 『日本を守るとともに、全体主義国家の体制を変える努力を』

『私は、いたずらに戦争を煽ったり勧めたりする気は、まったくありませんが、「自分の国を植民地にはさせない」という強い意志と気概を持っていなければいけないと考えます。
隙をつくれば、そういうことは、なされてくるのです。人類の歴史を見れば戦争の歴史です。戦争と戦争の間に、つかの間の平和があるだけであり、ほとんどは戦争の歴史なのです。

残念ながら、平和を愛する人たちばかりに囲まれた時代は、それほど多くありません。 すでに六十数年、平和の時代が続きました。今の日本人は、平和ボケしているとも言われています。しかし、今後は、違った時代がやってくるかもしれません。

私は、幸福実現党を旗揚げしましたが、北朝鮮を、非核化させるのみならず、ミサイルを乱射するような体制を持った国体から、自由で民主主義的な国家に変えるために、全力を尽くしていきたと思います。外交ルートから意見を述べるなど、さまざまな方法を使って、北朝鮮が民主的な国に変わるように努力したいと思います。

さらに、北朝鮮の背後に控えている中国に対してもアプローチをかけていきます。
中国の"下半分"は西洋社会に似てきてはいますが、"上半分"ては、相変わらず、共産主義による全体主義のかたちが残っています。中国の指導部は、「今の体制を維持しないと、自分たちを守り切れない」と考え、現体制をずっとキープしているのです。

今後、十年、二十年と時間はかかるかもしれませんが、幸福実現党は、「中国の本当の意味での自由化、民主化を、ぜひとも成し遂げ、中国を西側世界のなかに引き込みたい」と考えています。
中国も含めたアジアにおいて、本当に平和で安定的な繁栄をつくりたいのです。』

   -2009年7月18日 説法より 
   -「夢のある国へ 幸福維新」第一部・2章 国民を守る「毅然たる国家」へ より

H0244_convert_20100114164024.jpg

ご訪問ありがとうございます。
今日は、官公庁の御用納めの日ですね。
とかなんとか書き始めて、昼間のうちに記事を書き終えて、
28日の夜に、記事の更新をしようと予定してたんですよね。

でも、夕方、急に、母の具合が悪くなったので、救急車を呼んで、
病院で診てもらったら、そのまま入院ということに・・。
まあ、人間、年を取ると、あっちこっちガタがきますよね・・。

ということで、今回の記事が、今年最後の記事になりそうです。
(って、通常でも、大して更新できとらんがね・・。)
ちと早いですが、先に、年末のご挨拶をさせていただきます。

本年は、拙い記事を読んでくださり、また、
たまにポチしてくださり、ほんとうに、ありがとうございました。
来年も、また、何卒よろしくお願いいたします。

さて、年末のご挨拶はこれぐらいにして、今日はまず、書籍のご案内から。
前回の記事で、「国家社会主義への警鐘」(1月18日発刊予定)
のご案内をさせていただきましたが、なんと、『北朝鮮ー終わりの始まりー』
(霊的真実の衝撃)も同時発刊されるみたいですね・・。

2012年1月18日、世界を震撼させる2冊が同時発刊予定!!『北朝鮮ー終わりの始まりー』(霊的真実の衝撃)&公開対談「国家社会主義への警鐘」

65bafb33709547c99bf6598d56a4d1cf.jpg  0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1.jpg

ふぅ、相変わらず、凄い早さで発刊されますね・・。
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、ご案内はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
民主党政権誕生直後から、見るに耐えない政治が続いていますが、
そんな民主党に愛想を尽かして、離党される方が増えてきたみたいですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

金独裁政権除去が米国の本音?『アメリカは2013年までに北朝鮮問題を片付けるだろう』

『北朝鮮については、今の体制のままでの国家の存続を許すわけにいかないと私は考えています。ただ、ほとんど限界状況まで来ていると思われるので、近年中に、何らかの決着をつけなければならなくなるでしょう。

北朝鮮は、軍事独裁国家です。しかも、非常に抑圧的な体制で、二千万人余りの国民は、ここ数十年の間、非常に圧迫された苦しい状況に置かれ続けています。特に近年は、食料が十分にない状況が続いているのです。
したがって、決着をつけなければいけない時期が来ていると考えています。 -中略

この北朝鮮の問題について、私は、次のように予測しています。
昨年十一月、アメリカで中間選挙が行われましたが、民主党が1983年以来の歴史的な大敗北を喫しました。そのため、次の2012年の大統領選挙では、おそらく、共和党に政権が返ってくるだろうと考える人もいます。
そうなれば、世界の流れがまた変わってくるので、日本も、何とか持ち堪えられるかもしれません。そのように、私が望んでいた方向に、今、戻ってこようとはしています。

一方、中国は2020年までに空母艦隊をつくろうとしていますが、自国で建造した最初の空母が就役するのは、2014年と推定されています。そして、中国の空母艦隊が東シナ海に配置されたならば、アメリカとの間で、紛争になる可能性がかなり高まっています。

したがって、私は、「アメリカは、北朝鮮の問題を2013年ぐらいまでに片付けようとするだろう」と見ています、つまり、「現在の金正日体制は(あるいは、金正恩体制になるかもしれませんが)、あと2.3年以内に終わりを迎える可能性が高い」と、今、私は判断しているのです。

アメリカ軍は、2011年7月、アフガニスタンから徹底を開始する予定ですが、今述べたことは、その撤退が終了したあとに続いて起きると思われます。-中略
それは、アメリカにとって、中国の空母が就役する前にやらなければいけないことだからです。その準備はもう始まっていると思います。

今、北朝鮮と韓国は睨み合っていますが、冷戦状態が終わらず、一つの民族が二つに分かれて睨み合っている状態が延々と続くことは、必ずしもよいことだとは思いません。ただ、「どちらの体制を選ぶか」ということであれば、私は、やはり、「韓国のものの考え方のほうが、国民をより幸福にする」と考えます。したがって、かつて西ドイツが東ドイツを吸収したように、韓国の体制が北朝鮮を吸収するかたちで朝鮮半島が統一されることを希望しています。』

       -2010年12月19日 説法
       -「平和への決断」 第6章 2.北朝鮮と中国の今後を予測する より

H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
今年も、あと10日を切りましたね。
それにしても、ほんと、今年、2011年は、激動の年でした。
(って、まだ、今年は終わっとらんがね・・。)

まあ、激動と言えば、我が家も、今年は、激動の年だったので、
来年こそは、平穏に暮らせるようにと願っています。
ただ、こればっかりは、来年になってみないと分からないので、
目の前の現実に負けず、前向きに、明るく過ごしたいと思う今日この頃です。
みなさまも、明るい未来を信じて、前向きに生きてくださいませ・・。
(って、言われんでも前向きに生きとるわ~とのお声が・・。さ、さいでっか・・。)

さて、今日はまず、新刊書籍のご案内から。
ここのところ、政治関連の書籍が、少し止まっていたのですが、
先日、大川総裁と立木党首が公開対談を行われ、
その対談の内容が、来年早々、もう書籍化されるみたいなんですよね。

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1.jpg

国家社会主義への警鐘
(2012年1月18日発刊予定)

ぜひ、ご購読くださいませ。

あっ、公開対談の一部も、動画で配信されていましたのでご紹介いたします。
全編ご覧になりたい方は、ぜひ、ご拝聴くださいませ。

■□■12/15(木)より緊急上映!■□■大川隆法党名誉総裁 公開対談「国家社会主義への警鐘」(対談者 幸福実現党党首 ついき秀学) ★対談告知チラシダウンロード可★

公開対談「国家社会主義への警鐘」


さて、ご案内はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
今年は、多くのニュースに驚いた年ですが、今回のニュースは、
全世界の人々が、多大な関心を寄せられたのではないでしょうかね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

主権在民 ! 独裁許すまじ ! 『大臣や官僚は「全体の奉仕者」としての姿勢を見せよ』

『日本国憲法をよく読んでいただきたいのです。「公務員は、全体の奉仕者」(第十五条二項)であると書いてあります。「お上」とは、どこにも書いてありません。「国民は、お上の言うことをきけ」「総理大臣は日本でいちばん偉い」などとは、どこにも書いていないのです。
憲法には「奉仕者」と書いてあり、英訳では、「サーバメント」となっています。サーバメントとは「召し使い」のことです。

総理大臣をはじめとする各大臣も官庁の高級官僚も、みな、"召し使い"なのです。したがって、国民のみなさんに、サーバメントとしての奉仕の姿を見せていただきたいものです。

「消費税率を上げる」というのなら、国民の前で、「どうか上げさせてください」と土下座をしていただきたいところです。
サーバメントなら、そのくらいのことをしても当然でしょう。「サーバメントが、主人の収入をピンはねして、自分の収入を増やす」というのは、どう考えても、おかしいのではないでしょうか。

大臣や高級官僚等は、要するに国民の召し使いなのですから、パブリック・サーバメントです。自分たちだけで決めて税率を上げられるような立場にはないのです。主権在民である以上、ご主人さまは国民です。
ところが、召し使いのほうが、「自分たちの生活が厳しいから。もっと使いたいから」ということで、ご主人さまの収入をピンはねし、自分たちの収入にしようとしているのです。

残念ながら、現在、憲法改正ができるような状態にはありません。したがって、今のままで構わないので、せめて、召し使いとして、国民のみなさんに大いに謝罪をしていただきたいと思います。「このように決まりました」という報道だけがなされるような状態は、どうか改めていただきたいものです。』

     ---「宗教立国の精神」 第3章 第一部 なぜ政治に進出したのか より

H0265.jpg

ご訪問ありがとうございます。
12月も下旬になって、ほんとに、寒くなりましたね。
ああ、そのあまりの寒さに、私は、早々と、冬眠しておりました。
(って、そんなやつおるか~!)

はい、冗談はさておき、早いもので、今年もあと2週間。
新しい年に向けて、いろいろ準備を始めたいと思う今日この頃です。
って、年賀葉書もまだ買っとらんがね・・。
(さっさと買って、年内に年賀状を出せ~ ! とのお声が・・。うっ、無理っす ! )

さて、参加していたブログ村のトーナメントが終わりました。
国内政治&国際政治 記事トーナメント - 政治ブログ村

はい、幸福実現党の加納さんが、見事優勝されました。
と、ちなみに、私は、その加納さんに準決勝で当たり3位という結果に。
応援してくださった皆様、ほんとに、ありがとうございました。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
民主党政権誕生後、私はずっと、解散総選挙を叫び続けてきましたが、
もしかしたら、来年、衆院選が行われる可能性があるみたいですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

中国に弱腰。訪米は見送り。日本の平和は大丈夫 ? 『左翼は、決して平和勢力ではない』

『民主党政権は、日米同盟を破棄しかねない可能性もありますが、もし、そうなった場合、そのあと、どうするつもりなのでしょうか。
今の日本には、独自で防衛する力がなく、また、「自分の国は自分で守る」という考えもありません。その段階で、日本は、いったい、どうするのでしょうか。「東アジア共同体」構想を持ち出し、「アジアの人たちと共同防衛する」などと言い出すのでしょうか。しかし、その場合には、いよいよ、アメリカとさえ戦う可能性が出てきます。

これは初めて出てきました。「平和を求めている」と思われる政党から、初めて、日米戦争の可能性が出てきたのです。
しかし、当時、日本人の多くは、「鳩山氏(元首相)は、そういうことはしないだろう。人間よりも珊瑚礁を大事にする人だから、まさか、そんなことはないだろう」と思っていたかもしれません。 -中略

民主党は、左翼勢力の労働組合がついていて、非常に左寄りの体制ですが、左翼というのは、昔から、本当は戦争が好きなのです。

したがって、気をつけなければいけません。左翼は、決して平和勢力ではないのです。「左翼は平和勢力である」と思っているのは日本人だけです。外国では、そうは思われていません。共産主義の一党独裁体制の場合、たいていは軍事と一体になっており、軍部を完全に掌握しています。「左翼の政治指導者が平和勢力である」とは必ずしも言えないのです。』

        ---「この国を守り抜け」 第1章 この国を守り抜け より

H7004.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。
前回の記事を書き終えてから、数多くのニュースを拾い、
数多くのテーマを書き写したのですが、どれもこれも書き切れませんでした~。
はい、書けるときに書こうと思う今日この頃です。
(当たり前のことを言うな~!とのお声が・・。はい、書けないときは書けません ! )

さて、今日は、まず、前回の、幸福実現TVをご覧くださいませ。(余談みじかっ!)
テーマは、「これが真実(ホント)の放射能の話」です。

《幸福実現TV》【これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」に惑わされないで―】[ゲスト:矢内筆勝氏]放送(ユースト・ニコ生配信 第40回)【収録映像】

第40回「これが真実(ホント)の放射能の話」


P7002.jpg

はい、「これが真実の放射能の話」は、書籍にもなっています。
こちらも併せて、ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
大震災から9カ月も経っているというのに、県の要望項目は放置されたままで、
被災地と国を結ぶパイプは、相変わらず、詰まったままのようですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

首相は訪米より、訪中にご執心 ? 『戦後日本の政治指導者に欠けていたのは「先見力」』

『戦争に負けたあとの東京裁判の結果、日本に「自虐史観」が生まれ、現在もそれに縛られているということについて、マッカーサーの霊を追及してみたところ、「そうは言っても、六十五年もたったら、それは日本人自身の責任ではないか」と彼は言っていました。

「戦争直後の統治については、自分たちにも責任があるかもしれないが、戦争が終わってから生まれた人も、すでに六十五歳になっている。そのような段階で、まだ、『マッカーサーの意向が、どうだった』などと言うのはおかしい。自虐史観を変えられないのは、やはり日本人自身の問題ではないか」と、上手にさらっと逃げています。それは、ある意味では正しいでしょう。

その後、朝鮮戦争が始まって、マッカーサーは強硬策を説いたために解任されました。そして、講和条約締結のためにダラス特使が日本に来ましたが、マッカーサーもダラスも、戦後につくったばかりの日本国憲法を早急に改正するように主張しています。

その進言を聞かなかったのが吉田茂です。彼は、「平和憲法ができたことによって、軍事に費用をかけることなく、戦後の経済復興に力を入れられる。軍事のほうはアメリカにやらせておけばよい」と、うまく逆手にとったわけです。要するに、アメリカのほうから「憲法改正せよ」と言ってきたのに、それを受けなかったのです。』

     ---「平和への決断」 第2章 太平洋戦争の勝敗を分けたもの 
        (原題 『マッカーサー戦後65年目の証言』講義) より
  
H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
12月と言えば、喪中のハガキ、けっこう届きますよね。
先日、そんな喪中ハガキを見たあとに、
(うちも、そのうち、こんなハガキを出すことになるんやな・・)と思いながら、
夕食の準備をしていたら、いきなり、電子レンジがゴーッと唸り出し、
おまけに、変な臭いがして、まったく、温めることも不可能になってしまいました。

ち~ん。
両親や老犬より、先に、電子レンジの寿命が尽きてしまいました。
人間や動物だけでなく、電化製品にも、寿命があったんですよね。
はぁ・・思いがけない出費に、懐が寒い今日この頃です。
(懐は寒くても、心は温かくしろ~! とのお声が・・。はい、燃えとりまっす ! )

さて、ここ最近、トーナメント参加へのお誘いが多かったのですが、
参加した三つのトーナメントが、いつのまにか終了していました。
草莽崛起、二十一回猛士。 6 トーナメント - 歴史ブログ村
日本の政治  トーナメント - 政治ブログ村 
草莽崛起、二十一回猛士。 7 トーナメント - 政治ブログ村

3位、優勝、一回戦敗退・・様々な結果になっておりました。
はい、参加することに意義があるんですね。(と、自分なりに納得してます。)
投票してくださった方に、心から、お礼申し上げます。

さて、そのにほんブログ村のトーナメント参加へのお誘いが、またまた来ました~。
憂国烈士さん、ほんと、マメな方ですわ・・。(ブログもいろいろあるし・・)
国内政治&国際政治 記事トーナメント - 政治ブログ村

はい、私は既に、前回の記事で参戦しましたが、
このトーナメントには、幸福実現党の加納さんも参戦されています。
幸福実現党 岐阜県本部 参議院選挙区代表 加納有輝彦

加納さんは、ほんとに、気概ある文章を書かれているんですよね。
ぜひ、応援の程、よろしくお願いいたします。

さて、長~い余談はこれぐらいにして、ちょっとニュースを見てみます。
福島原発の津波事故受けて、日本では、脱原発で大騒ぎでしたが、
同盟国のアメリカでは、とっても前向きな対応がなされたみたいですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

不当な増税を日本人は許すの?『アメリカの独立戦争のきっかけは、不当な税金への反発』

『 かつて、アメリカには、「ティーパーティー事件」というものがありました。母国イギリスの茶税に反発し、紅茶の箱を投げ捨てて、「税金を払わない」という意思表示をしたことが、アメリカ独立運動へと発展していきました。アメリカ独立運動のきっかけは、実は税金の問題なのです。

 アメリカは、本国のイギリスから紅茶を輸入していましたが、その紅茶を飲むのに税金がかかっていたわけです。
 そこで、紅茶に税金をかけられることに反発し、積み荷の茶を海に捨て、「税金を払わない」という不買運動が起きたわけですが、実は、これがアメリカの独立戦争の引き金になっているのです。税金とは、それほど重いものなのです。要するに、税金によって、  植民地化され、完全に支配されてしまう可能性があるということです。
 このように、不当な税金に対する反発が、アメリカがイギリスから独立するきっかけになったのです。

 ちなみに、今のオバマ政権はアメリカのなかでも極左であり、やや社会主義的傾向が強く、国民皆保健に近い医療保険制度をつくるなどしています。
 それに対して、アメリカでは、「財政赤字が拡大しているなかで『大きな政府』をつくり、税金を再分配しようとしてしまっては、自由の領域がなくなってしまう」ということで、かつての「ティーパーティー事件」をまねて、オバマ政権に対する反対運動がかなり盛り上がっています。政府を倒し、オバマ大統領を再選させないようにする運動が起きているのです。』

 -「救国の秘策」-公開霊言 高杉晋作 田中角栄- 第1章 国家社会主義との対決 より

H0289.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎度毎度のごぶさたです。
光陰矢の如し。
ほんとに、月日が過ぎるのは、飛ぶ矢のように早いですね。
(といっても、今の時代、矢が飛ぶのを見ることはありませんが。って、見たら怖いがな・・。)

12月も既に3日になって、今年も、あと一カ月足らずになりました。
悔いのない一年を終えるために、残り少ない日々を、
有意義に過ごしたいと思う今日この頃です。
みさなまも、一年の締め括りの月、有意義にお過ごしくださいませ・・。
(言われんでも、有意義に過ごしとるわ~ ! とのお声が・・。ヘッ、スンマソン・・。)

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
復興財源確保法案が成立し、復興増税が確定してしまいましたね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示