この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

増税は更なる不況を呼び込む ! 『消費税率を上げるだけでは、財布のひもが固くなるだけ』

『欧米と日本とでは、消費税に対する考え方がずいぶん違うようです。
消費税は、欧米では「付加価値税」と言われていて、ある程度、定着しています。また、かなり税率が高く、十数パーセントから二十パーセントぐらいまであり、欧米人はそれに慣れているのですが、日本人は高い税率をなかなか受け入れようとはしていません。

日本人には、長年にわたって、「貯蓄は美徳である」という考え方が形成されていて、「消費は、浪費・散財につながり、破滅へと至る」という気持ちが残っているのです。これは、貧しかった時代の名残であり、江戸時代以前のものの考え方です。
そのように、日本人の底流には「勤倹・貯蓄・労働」型の思想が流れていて、「一生懸命に働いてお金を貯めるのはよいことだが、お金を使うことは一家を潰すもとである」という考え方があるわけです。

欧米型の社会は、かなり消費型経済であり、消費によって景気がよくなることを知っているのですが、日本人はまだ消費を恐れています。
その背景には、「国全体のマクロレベルでは、多くの人が消費すれば、消費景気が沸く。しかし、それは全体の話であって、自分個人の家計で言えば、貯金が減り、家計簿が赤字に転落するだけである。したがって、国の景気をよくするためにお金を使うのは愚かである。自分は賢く貯めるので、どうぞ、ほかの人が消費してください」というような考え方があるわけです。

結局、この思想が変わっていないために、消費税率を上げることができないでいます。
要するに、「税率を上げると、ますます財布のひもが固くなり、ものを買わなくなる。そのため、景気が悪くなって税収が下がっていく」という面があるのです。
この根本哲学のところを変えずに、消費税率だけを上げようとしても、おそらく、そう簡単にはいかないだろうと思います。

また、日本人が、所得税や会社の法人税のような「直接税」に慣れていることは、江戸時代までの、"お上からの税"というものに慣らされてきたことがかなり影響していると思います。』

    ---「幸福実現党宣言」 第3章 「幸福実現党」についての質疑応答 より

515udo4ioEL__SL500_AA300_.jpg

ご訪問ありがとうございます。
早いもので、今日で10月も終わりですよね。
あっ、今日ね、もうじき11月だな・・と思って、
ふとカレンダーを見たら、既に11月・12月になってたんですね。
えっ?めくった覚えもないのにもう11月。(オバケが来たのか?)
と、よく考えたら、昨年からカレンダーを替えていなかった・・。

はぁ、ほんと、月日が経つのは早いものですね。
今年こそ、新しいカレンダーを買わなくちゃね・・。
来年は、もう少し、余裕のある生活をしたいと思う今日この頃です。
(どんな生活してんね~ん ! とのお声が・・。)

さて、今日はまず、幸福実現ТVをご覧くださいませ。
現役大学生のレベルの高い質問に、にこやかに答える立木党首。
立木党首は「かかってこいや~」と余裕でした。←ウソ小島さん言です。
ついき秀学公式サイト

第34回 現役大学生との公開Q&A「What’s 幸福実現党?」


はい、現役大学生の質問は、国防、経済、移民政策、
そして、サイバー攻撃と、ほんと、レベルの高い質問でしたね。
あっ、お決まりの政教分離の質問ありましたね。笑

いや~、日本の未来を担う大学生の方々は、
真剣に、日本の未来を考えているんですね。
民主党政権の閣僚の方たちより、レベルが高いですよね。(断言!)
まあ、今の日本のトップは、高校生レベルですからね・・。
首相の所信表明演説を野党酷評 「まるで高校生の作文」「スピード感ない」 - MSN産経

さて、その高校生レベルの野田首相が、なんか、
とんでもない国際公約をするとの報道がありましたよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

賛否両論のTPP問題。どうする民主党政権?! 『外交には「ハードネゴシエーター」が必要』

『語学力が低すぎるんじゃないか。外務大臣で英語をしゃべれるのがいるか。ほとんどいないんじゃねえか。
まあ、通訳も駄目なんだけどさ。大臣本人もしゃべれないだろう?
やっぱり、向こうとガンガンにやり合えるぐらいの人を置いたほうがええわね。やりすぎた場合、総理大臣がたしなめたらええんだ。外務大臣っていうのは、ハードネゴシエーター(強い交渉人)でなきゃ駄目だよ。

小村寿太郎だって、陸奥宗光だって、英語はけっこうできたんだよ。自分でやれた方々だと思う。だから、外交官のなかで名前が残っているのは、この二人だろう?今の外務大臣なんかより、はるかに上よ。彼らは、実践の語学というか、刀で斬り合うような語学ができて、血の出るような"斬り合い"ができた人たちだと思うな。

だいたい、今は、そういう人がなっていないのでねえ。ぼそぼそと話して、ちょっと挨拶ができるぐらいが限度の人が、よく外交の席にお座りになっていて、通訳が、言葉の力を弱めて、責任が出ないような訳に変え、それで、問題が起きたら、誤訳ということに切り替えるんだろう?

まずは、これが問題だ。外交官試験がなくなって、一般公務員と一緒になってるんだろうけど、やっぱり、外国語で"侍"ができる人を採らないと駄目だよ。外交官のところに、実務でも商売でもいいが、相手と互角に渡り合って戦えるような人を置かないと駄目だと思うな。
「機関の一部として働くだけでなく、一国を背負うぐらいの気概を持つ」というか、"日本株式会社"の番頭としてぶつかっていくぐらいの人を置かないと駄目だ。』

    -2011年4月27日 大隈重信の霊示
    -大隈重信が語る「政治の心・学問の心」2.日本の外交・政治に物申す より

H0335.jpg

ご訪問ありがとうございます。
うう・・寒いですね。
近畿と東京地方で、「木枯らし1号」が吹いたようですね。
でも、急に寒くなったけど、そろそろ、紅葉の見頃ですよね。
大阪はまだ、色づき始めのようですが、東北のほうは見頃ですね。
あっ、私は、観光地には行けないので、写真で紅葉を楽しんでいます。

14_convert_20111027003640.jpg   1_convert_20111027003709.jpg
 京都、銀閣寺の紅葉の見頃       紅葉と竹林 京都嵯峨野
ああ、京都に行きたいなと思う今日この頃です・・。

さて、今日はまず、新刊書のご案内です。
「真のエリートを目指して」-努力に勝る天才なし-
10月27日、今日、発刊です。

H0336.jpg

努力は君たちを決して裏切らない!!
・勉強において自分をごまかさないことが重要
・「継続」「情熱」「忍耐」――努力の大切さとは
・他人に嫉妬する暇があるなら自分を磨け
朝読(あさどく)にピッタリです。

幸福の科学出版

はい、前回の記事で、『嫉妬で人は幸福になれない』
というテーマを取り上げましたが、
「他人に嫉妬する暇があるなら自分を磨け」ということですよね。
努力は君たちを決して裏切らない !
はい、この書籍を読んで、更に、自分を磨いてまいりましょう。

さて、次は、幸福実現TVのご案内です。
今日、10月27日の放送は、1時間早くなったみたいですね。
ゲストは、男前の立木党首です。
ぜひ、ご覧くださいませ。

《幸福実現TV》開始時間が1時間早まりました! 10月27日(木) 20:00~現役大学生との公開Q&A【What’s 幸福実現党!?】放送(ユーストリーム・ニコニコ生放送番組配信 第34回)
⇒ニコニコ動画生放送(ニコ生)
⇒Ustream生放送

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
阪神・淡路大震災級の地震が発生したトルコですが、
「日本人を見習いたい」という方が増えているようですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

格差是正すべきは共産主義社会 ! 嫉妬より祝福の心を ! 『嫉妬で人は幸福になれない』

「明るさ」「暗さ」を見つめていく際には、他人との人間関係の問題が出てきます。嫉妬と祝福の問題は、どうしても付きまとってくるのです。
前節では、「物事には明るい面と暗い面の両方があり、そのうちのどちらを見るかによって、人生は変わってくる」と述べましたが、これに気づいたならば、次には、「嫉妬が、どれほど人生に害をなすか」という事実を悟ることが非常に大事です。これを、できるだけ人生の早いうちに知っておいたほうがよいでしょう。早く知れば知るほど、その人は、その分だけ、より幸福な人生を送ることができます。
「嫉妬によっては幸福になれない」という事実を、まず悟ることです。

どのような人であっても、自分よりよいところを持っているものです。したがって、自分と他人を比較し、自分よりよいところばかりを見て、自己卑下をしていたならば、幸福になれるわけがないのです。
人のどういうところに嫉妬を感じるかといえば、お金、才能、能力、体力など、いろいろな要素があるでしょう。人は、いろいろな面に嫉妬を感じるものです。
しかし、嫉妬ばかりを考えている人の人生は、やはり、羨むような人生ではないと思います。読者のみなさんも、そう思うでしょう。

いつ誰を見ても嫉妬しているような人は、どう見ても、不幸な人生を送っています。私は、見ていて、「気の毒だな」と思います。嫉妬を感じない人のほうが幸福なのです。
自分に、嫉妬癖があると思う人は、「自分は、人に嫉妬しては、自ら不幸になって、不幸の傷口をなめている。そういうばかげたことを、ずっとやっているのだ」ということを自覚しなければいけません。自覚しなくては直らないのです。

自分のなかに暗い方向に引かれる心があると、人と自分を比べて、その人に嫉妬したり、自分の駄目なところを思っては傷口をなめ、自分を慰めたりするようになります。まるで油をなめる猫のように、自分の傷口をなめたがるようになるのです。「これは、成功できない精神態度である」ということを知らなくてはいけません。

  ---「不況に打ち克つ仕事法」第3章 3.「嫉妬」ではなく「祝福」の心を持て より

H0328.jpg

ご訪問ありがとうございます。
先日、久しぶりに髪を切りに行ったんですよね。
私ね、美容院で待つ時間が嫌いなので、切りたいと思ったら、
空いてる店を探して行くのですが、ちょっと前に、新しく出来た店があって、
お客さんがいなかったので飛び込んだんですよね。
でも、鏡の前に腰掛けたら、目の前に、髪を洗う台があったんですよね。

えっ?と思って、「もしかして、ここは散髪屋さんですか?」と聞いたら、
「はい、そうですよ。表に理容の看板あるでしょ」って・・。
げっ・・あったのか、そんなもん・・。

最近、ちょっと、おっさん化してるな・・とは思っていたんですよね。
でも、まさか、散髪屋さんで髪を切ることになるとは・・。
まあ、今の時代、美容院に行く男性も多いので、
女性が散髪屋に行ってもいいですよね。(開き直り・・)
はぁ、美容院と間違うような理容室をつくらないで・・と思う今日この頃です。
(しっかり確認してから入れ~! とのお声が・・。)

さて、あほ~な話はこれぐらいにして、今日はまず、先週の幸福実現TVをご覧くださいませ。
テーマは「これでOK!!増税なき震災復興」
ゲストは、『日本経済再建宣言』の著者、黒川さんと中野さんです。

P7001.jpg

黒川白雲公式サイト
中野雄太のブログ|日本のために自由な意見を述べていきます。

第33回「これでOK!! 増税なき震災復興」


必要以上の税金を集めるのは、合法的強盗である。
平成の火事場泥棒野田首相・・。
はい、国民が貧乏になったら、税金は納められなくなりますよね。
増税反対~!

さて、経済成長政策、雇用促進政策も考えず、この不況、復興の時期に、
増税しか考えられない民主党政権も許せないですが、そんな民主党を擁護し、
おまけに中国に媚び諂い、偏向報道を続ける朝日新聞。
これまた、許せないですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

猫に小判・豚に真珠・民主党に税金 ! 『「権力の暴走への恐れ」が政治の発展を生んだ』

『国家には肥大化する傾向があります。肥大化すれば権力が増すからです。権力の側についている者は、必ず、「権力を増大させたい」という気持ちを持っています。
権力のもとは何であるかというと、使えるお金が多いことです。
税金を始めとして、使えるお金を多くし、さらに、自分たちの統制によって世の中すべてを動かせるようになることが、やはり権力者の夢です。「思うようにやりたい。自分たちの一存で自由にやれるようになりたい」ということは、権力者の本能的な欲望なのです。

国王が支配する時代においては、善い王に当たると民衆は幸福ですが、歴史上、悪王も数多く出てきており、民衆が苦しむことが、たびたびありました。
そのため、「選挙によって為政者を選ぶ民主主義の政治体制をつくったほうが、少なくとも、最悪の政治、悪王による暴政のようなものは防げる」と考えられるようになりました。「最善の政治になるかどうかは分からないが、民衆は、少なくとも、自分たちを苦しめる人を選挙で選び続ける』というような、愚かなことはしないであろう」と思われたのです。

もちろん、選挙で為政者を選んでも失敗することはありますが、選ばれた人には任期があって、何年かのちに次の選挙が来るので、「もし、為政者が、自分たちを痛めつけたり、あまりにもきつい税金などで苦しめたりしたら、次の選挙では、その人に投票せず、クビにすることができる」という制度を、歴史的に編み出したわけです。

さらには、権力が一元化すると危険なので、「行政」「立法」「司法」という「三権分立」のかたちをとって、お互いに牽制し合うようにさせました。
「政治暴走や独走、独占を、どれほど恐れているか」ということが、近代政治の発展と軌を一にしていると考えなければなりません。』

      ---「政治の理想について」 第4章 国家経済と人間の自由
        2.近現代の政治に流れる「国家統制からの自由」 より

H0236_convert_20100116215259.jpg

ご訪問ありがとうございます。
先日、朝、目覚めたら、既に、階下で両親の声が聞こえてたので、
慌てて起きて降りたら、普段、あまり口を開かない父が、
「靴下もはかんで元気やな。寒くないんか?」って聞くんですよね。

私ね、ちょっと低血圧で、寝起きは機嫌が悪いんですね。
だから、慌てて起きて靴下も履かずに降りた私に、
いきなり父がそんなこと言ったので、思わず、
「おむつ脱いで、寝てる人のほうが寒いと思うわ」
って、言ってしまったんですよね。

そしたら、くっくくっくと笑う母の前で、
「そんなやつおるんか?」とのたまう父。
「あんたのことや~」と、思わず言い返しましたが、
本人は、なんでもかんでも忘れてしまうので、
「誰のこと言うてんねん」というようなとぼけた顔。

はあ、父は、靴下大好き人間なので、夏でも靴下をはいて寝るんですよね。
靴下のことだけは、何故か、絶対に忘れないんですよね。
だから、私が靴下をはいていないときは、気になるみたいなんですね。

でも、靴下は忘れてもいいから、靴下をはかなくても何も言わないから、
パンツだけは覚えておいて欲しい、はいて欲しいと願う今日この頃です。
みなさまも、どうか、靴下よりパンツ愛好家になってくださいませ。
どんだけ年を取っても、パンツだけは、忘れないでくださいませ・・。
(誰が忘れるか~! とのお声が・・)

さて、お笑い話はこれぐらいにして、今日は最初に新刊書のご案内です。
いつ発刊されるかと心待ちにしていましたが、やっと出ましたね。
大隈重信が語る「政治の心・学問の心」

H0335.jpg

「いまの日本人には、フロンティア・スピリットが足りない!」
 早稲田大学の創立者・大隈重信が公開霊言に登場。
立憲改進党をつくり、日本初の政党内閣を実現。
日本を近代国家に導いたその不屈の在野精神で、
現在の混迷する政治、低迷する教育に檄をとばす。


私はいつも、幸福の科学出版のネット販売で書籍を購入していますが、
今回は、近所の本屋さんに、発刊日の18日には平積みされていたので、
思わず購入して、帰ってすぐに読みました。

いや~、大川総裁も言われていましたが、すごい言論の立つ方でした。
さすが、政党を結成し、早稲田大学を創立された方ですね。
総理大臣も2回、そして、外務大臣もされたんですよね。
ほんと、すごい方ですよね。

あと、とっても大らかで、楽しい方でした。
私は、読んでる間に、何度も笑ってしまいました。
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
タイの大洪水、凄いことになっていますよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

民主党政権がひた走る、破綻への道 ! 『「社会保障と税の一体改革」は完全な社会主義』

『野田、野田・・・野田の問題はさ、「社会保障と税制の改革が一体だ」っていう言い方をしとるだろう?
これは社会主義だぞ、はっきり言って。
増税をかけて、福祉制度を充実させるというのはな。
これは、もう、完全に社会主義ですよ。これをやったら社会主義です。だから、今アメリカで起きていることが分かっとらん証拠でしょう、これは。
ああ、アメリカで今、ティーパーティー運動が起きて、共和党が巻き返しに入っとるやないか。あれは、ここが問題だからでしょう?「オバマさんがやろうとしているのは社会主義や」と。

「日本のまねをしようとしてるけど、これは破綻する。自分の責任において堕落していく連中まで、一生養わなきゃいけない義務は、われわれにはない。われわれが働いて稼いだお金は、われわれの自由に使わせろ。それを強制的に召し上げられ、麻薬をやったりアル中になったりして生活が破綻し、働かずに貧民街にいる連中まで、一生面倒見るほど甘くないぞ。アメリカは、そんな国やない。アメリカの自由はそんな自由やない」というわけだな。

「チャンスの自由、成功者になる自由はつくらなきゃいけないけども、自ら、アル中になり、麻薬中毒になって、貧民窟に入り、それで強盗をし、犯罪者になってるやつらに給金を払うような、そんなお人好しの民主主義とはちゃうぞ」という反乱運動が、今、アメリカではおきていて、オバマ君がやられとるんでしょう?
ちょっと追い詰められてるんでしょう?

野田は、全然分かっとらんね。なんも分かってへん。阿呆や。菅と一緒や。
ほんまに、まったく分かっとらん。』

    -2011年8月30日 松下幸之助の霊示
    ---「沈みゆく日本をどう救うか」第2章 松下幸之助、苦言を呈す より

H7013.jpg

ご訪問ありがとうございます。
暖かいのか涼しいのか、よく分からない季節ですね。(それが秋?)
なんか、今年は、うちの老犬が、私の布団に入って来るのが早かったんですね。
例年は、11月ぐらいになって、のそのそと入ってくるのですが、
今年は、9月の下旬あたりから、私のまくらを半分占領してるんですよね。

今年は例年より寒いのか、はたまた、年を取って、
体温調節ができなくて寒いのか、どっちなのかな・・。
あはっ、毎日、どっちやろ?と考えている今日この頃です。
(どっちでもええやろ~! とのお声が・・。)

さて、寒いと言えば、東日本は、大阪より、もっと寒いんですよね。
早いもので、震災から既に7カ月が過ぎましたね。
でも、7カ月過ぎても、復旧・復興は、あまり進んでいないんですね・・。
【東日本大震災】津波で不通の三陸鉄道 線路歩いて枕木に復旧願う - MSN産経
【東日本大震災】岸壁乗り上げの大型船撤去延期 釜石 - MSN産経

また、亡くなられた方々の、合同慰霊祭が行われているところもあるんですね・・。
【東日本大震災】役場移転先で合同慰霊祭 原発避難の福島・浪江町 - MSN産経

震災、津波で亡くなられた方のご冥福を、心からお祈りいたします。
そして、復旧・復興が、少しでも早く進みますようにと祈ります。
これから、もっと寒くなりますので、被災地のみなさま、
どうか、お身体に気をつけて、前向きにお過ごしくださいませ・・。

さて、次は、ガラリと気分を変えて、幸福実現TVをご覧くださいませ。
ゲストは、先月末に、中国大連の空母視察に行かれた矢内出版局長です。

第32回「崖っぷち日本、どうする安全保障!?」


中国の軍拡の現状と、日本の安全保障の危機を、切々と訴えておられましたね。
日本政府も、早く、安全保障政策に力を入れて欲しいものですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
中国と言えば、海の脅威だけでなく、空の脅威もあるんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

心に明るい絵を描こう ! 日本の未来は明るい ! 『「明るく積極的で肯定的な人生観」を持つ』

「心に描かれた絵」は同種のものを引き寄せる
成功の仕方についての考えには、いろいろなものがあると思いますが、いちばん大きな成功の方法は何であるかというと、やはり、「人生に対する積極的な態度」です。
これが大きな仕事をします。
どれほど優秀な人であっても、非常に暗いものの考え方をしている人は、自ら失敗を招きよせます。同じく優秀な人であっても、心が暗いものを求めている場合と、明るいものを求めている場合とでは、結果が違ってくるのです。

心がどちらの方向を向いているかによって、物事に対する反応の仕方は、どうしても違ってきます。
すなわち、明るく、積極的なほうを目指している人は、やはり、そういうものを磁石のように引き付けてきます。ところが、「心の絵」として暗いものを描き、暗いものを求めていると、見事に、その種のものを引き寄せてくるのです。これが不思議なところです。

いつもいつも自分の失敗ばかりを考えている人。自分の失敗を考えている時間が長い人。朝、目が覚めてから、ずっと、過去の失敗・現在の失敗ばかりを考えて、「明日も失敗するのではないか」と思っているような人。こういう人は、やはり、見事に失敗することが多いのです。

要するに、描いている「心の絵」のパターンが、そのまま現象化して出てきます。これが悪いほうに出たら、実に怖いことです。逆に、よいほうに出たならば、非常によい結果が出てきます。
こうした心の法則は、ものの本にはよく書いてありますが、実体験をしてみなければ、なかなか分からないことでもあります。
自らの精神態度を変えれば、展開は変わってきます。同じような能力を持った人間であっても、精神的に惨めな生活をしている場合と、やる気がある場合とでは、道の開け方が違ってくるのです。

      -----「不況に打ち克つ仕事法」
       第3章 2.「明るく積極的で肯定的な人生観」を持つ より

H0328.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ブログを始めてから早や2年が過ぎました。。
一昨年の10月10日に、勢いだけで、ネットの世界に飛び込んだのですが、
いろいろ悩みながら、思考錯誤しながら、なんとかここまで続けてこれました。

最近は、頻繁に、記事の更新ができないのですが、
一人でも、読んでくださる方がいれば、書き続けたい。
そんなふうに思う今日この頃です。
拙い記事ですが、今後とも、よろしくお願いいたします。

さて、ほんとは、2周年を記念して、
10月10日に記事の更新をしたかったのですが、
いつの頃からか、徐々に、「考えがまとまらない、言葉が出ない病」
に蝕まれて、その病気がピークに達し、記事の更新ができませんでした。
(そんな病気あるかいっ! というお声が・・。)

ということで、今もまだ、その病が完治していないので、
心の赴くままに、軽めで、短めの記事を綴ってみたいと思います。
ほんまかいな・・。

はい、では今日はまず最初に、先週木曜日の、幸福実現TV、
「政教分離しなくて何が悪い ! 」をご覧くださいませ。
あはっ、この開き直ったテーマ、ほんと、いいですね。

ゲストは、幸福実現党の立木党首と、竜の口女性局長です。
あっ、動画が見れない方は、こちらをお読みくださいませ。
【読む!幸福実現TV】「政教分離しなくて何が悪い!」(10/6放送分)

第31回「政教分離しなくて何が悪い!」


いや~、開き直ったテーマもいいですが、
お話を聞いていて、ほんと、楽しかったですね。
幸福実現党は、幸福の科学が支持母体ということで、
宗教嫌いの方、宗教に偏見を持たれている方から、
よく、批判を受けていますが、そんな方には、この動画をよく見て、
政教分離の意味を、もう少し勉強していただきたいですね。

まあ、批判されている方は、憲法違反だと言われるのですが、
憲法違反だったら、立党できるはずもありませんよね。
ただ、宗教が嫌いというだけで、批判していただきたくないものです。

幸福実現党は、この国を守るために、世論に迎合せず、批判を恐れず、
選挙で落ちても落ちても志を曲げず、正論を言い続けています。
そして、そんな幸福実現党が、きっと、この国の政治を変えてくれる、
この国を守り、この国を気概ある国に変えてくれると、私は、そう信じています。

さて、今日、10月13日(木曜日)の幸福実現TVのゲストは、
先月末に、中国大連の空母視察に行かれた矢内出版局長です。
中国海軍の空母「ワリヤーグ」をこの目で見た!-矢内筆勝のブログ

中国の軍拡の現状と、日本の安全保障の危機を、大いに語られる予定のようです。
ぜひ、ご覧くださいませ。
【ニコニコ動画生放送】⇒http://p.tl/rDXp (開場:20:57 開演:21:00)
【USTREAM】⇒http://p.tl/qr6_

さて、今日も少しだけニュースを拾ってみました。
軍拡を進める中国を牽制する動きが、ちよっと出てきたみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

日本の一国平和主義が世界の平和を崩壊させる ! 『国の善悪を判断するためのポイント』

『「善になるか、悪になるか」ということは、儒教的に言えば、「為政者、政治指導者に徳があるかどうか。彼らが君子であるかどうか」を見れば分かるわけですね。
もちろん、過去には、いろいろな国において戦争もあったので、「戦争で戦う者は、両者とも悪人である」と必ずしも断定できないところはあって、善なるものが広がるならば、肯定されるところもあったことは事実です。
だから、そういう善悪の判断は一般的には難しい。しかし、日本では、また、ある意味で、理想なくして、あるいは価値判断なくして、「戦争そのものが悪である」というかたちでの「平和の誓い」をやっているようだ。これは、やや積極性に欠けるものがあると思う。
その場合には、何というか、「一国平和主義以外は、もう成り立たないであろう」と思うし、「世界に対して、責任は持てないであろう」と考えますね。
もし、中国のような強大な国が、他国を突如、侵略する場合に、その侵略される国を護ってくれるような国なり、世界的な機構なりが機能しないとしたら、やはり、悪が蔓延する世界になるであろうと思います。
例えば、北朝鮮という国自体は、はっきり言って、中国とは軍事的にも経済的にも結びつきの強い国であろうとは思うが、この国の政治を見たときに、やはり、誰が見ても、成功しているとは言えない状態にあると思います。これは、やはり、国民たちを救わなければならない。』

   -2010年8月19日 孔子の霊示
   ---「世界の潮流はこうなる」-激震 ! 中国の野望と民主党の最期- 
            第1章 孔子の霊言-政治編 より

H7001.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いつも、毎日少しずつ、記事を書き進めているのですが、
たまに、いくら書いても書き上げられない時がありまして、
今回、そのたまにの時期に入り込んでいました。
(しょっちゅうやないか~! とのお声が・・)
ということで、おひさしぶりでございます。

さて、ちょっとごぶさたしている間に、また、
中国の調査船が、尖閣付近に出没してましたよね・・。

尖閣付近にまた中国調査船 無線警告にも応答なし - MSN産経
7日午前9時5分ごろ、沖縄・尖閣諸島大正島北約155キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「北斗」が航行しているのを海上保安庁の航空機が確認した。事前通報とは違う海域を航行していたため、航空機から無線で警告したが応答はなく、約2時間半後に事前通報の海域に戻った。
中国の海洋調査船は先月にも3日間、尖閣諸島周辺で同様の航行をしているのが確認されている。


はぁ、また、事前通報外海域をウロウロしていたんですね。
もう、事前通報というものは、無意味ですよね。
それにしても、日本政府、ちゃんと抗議しているのでしょうかね。
このまま、黙っていたら、ほんと、尖閣諸島、危ないですよね・・。

さて、日本、いえ、アジアの海を脅かしている中国ですが、
そんな中国の実態を、日本の多くのマスコミは、長い間、隠し続けてきましたよね。
そして、今尚、隠し続けている左翼マスコミのなかでも、
朝日新聞の偏向報道は、目に余るものがありますよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

このまま中国の覇権を許すのか日本 ! 『国防について、政治家は勇気を持って発言せよ』

『もう一つ、言っとかなきゃいけないのは国防だよ。それを今、政経塾出身の政治家たちは隠してるけど、これは絶対にやらなきゃ駄目だよ。
これについて、私は生前から言ってるんだ。「これを言わなかった」とは言わせないよ。
政経塾で勉強したんだったら、絶対に知ってるはずだ。少なくとも、席に座ってた間には、聞いたことはあるはずなんだからな。
日本が、これだけの経済大国になり、金持ちの国になってね、「泥棒の警戒をしない」というのは、やはり駄目ですよ。
警備員を置かなきゃいけないですよ。警察も必要ですよ。
だから、国を守るべく、日本経済を守るべく、政治を守り国民を守るべく、自衛隊を、やはり、ちゃんとした軍隊として使わなきゃいけないんです。今みたいな状態は、おかしいですよ。
これについては、勇気を持ち、勇断して発言するのが政治家ですよ。これに命を懸けなきゃ、松下政経塾なんか必要ないんですよ。
ええ。これを言うためにあるんであってね、これを言わずに何を言ってるんですか。
これを言ってね、選挙に落ちて"ただの人"になったら、パナソニックは雇ってくれないかもしらんが、私だったら雇うね。選挙に出すときには、「落ちたら、松下へ就職させてやる」という条件付きだよ。』

    -2011年8月30日 松下幸之助の霊示
    -「沈みゆく日本をどう救うか」第2章 松下幸之助、苦言を呈す より

H7013.jpg

ご訪問ありがとうございます。
前回の記事の冒頭で、また暑さが戻りましたなどと言ってたら、
なんか、10月に入って、いきなり寒くなってしまいましたね。
私は、脂肪が少ないので、暑さより、寒さのほうが堪えるんですよね。
はぁ・・そろそろ、こたつを出さねばと思う今日この頃です。(はやっ! )

さて、寒い、寒いと震えながら、昨夜、ブログ巡りをしていたら、
なんと、矢内党出版局長が、中国の空母を見に行かれたという記事がありました。
あっ、黒川政調会長と共に行かれたみたいですが、お二人とも、
その視察の模様をブログで語られていますので、ぜひ、ご覧くださいませ。

10/3 中国海軍の空母「ワリヤーグ(Varyag)」を視察して-黒川白雲公式サイト

中国海軍の空母「ワリヤーグ」をこの目で見た! -矢内筆勝のブログ
先月26日から29日にかけて、私は黒川政調会長と共に中国の大連を視察、中国が建造を進めている空母「ワリヤーグ」を、この目で見てきました。

DSC00769.jpg

空母「ワリヤーグ」(満載排水量約6万7000トン)は、中国が1992年にウクライナから建造途中のスクラップを「カジノにする」と偽って購入、現在大連の造船所で改装を進めています。先月10日に初の試験航行を実施し、来年8月1日の中国人民解放軍創設記念日に正式に就役すると見られています。

 中国はこのワリヤーグを皮切りに、2020年までには、国産の空母を含めて複数の空母を建造、いよいよ本格的なアジアの海洋支配・覇権に乗り出すと見られています。

 進む中国人民解放軍の海軍力の増強ぶりとその海洋戦略、そして日本に迫りくる脅威の実態を、大連視察のルポと合わせて、シリーズで報告します。(矢内筆勝)

(一部転載、続きは矢内筆勝のブログでどうぞ)

はい、中国は、2020年までに、複数の空母を建造し、
いよいよ、本格的なアジアの海洋支配・覇権に乗り出すようですね。
大川総裁は、危機の十年と言われていましたが、ほんとに、
この十年が、日本にとっても、正念場ですよね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
軍拡を進める中国に対して、財政赤字が膨らみ、国防費削減に向かうアメリカで、
その国防費が、ほんとうに削減されるかもしれないという報道がありましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示