この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

非戦即平和?マヤ文明と同じ道を辿るのか日本 !『日本にも「文明の最期」が迫っている?』

『今、日本は、同じような状況に置かれているわけだ。日本人というのは、自分たちで自慢しているように、「非戦」ということ、「非戦即平和」ということを謳っている。
それは、ある意味では、私、ケツァルコアトル的な愛の教えであろうし、イエス的な愛の教えであるのだろうとは思う。イエスにも、「右の頬を打たれたら、左の頬も差し出せ」というような教えがあるからな。
けれども、近現代のキリスト教徒たち、キリスト教国家がそれを守っていないのは知ってのとおりだね。宗教的には真理でも、国家としての武力を持っている場合には、それが通用しないわね。
そういうことが、今、日本にも迫ってきているかもしれない。ただ、中国や朝鮮半島の立場に立てば、「かつては、われらも同じであった」という言い方もできるかもしれませんがね。
まあ、そうした民族としての大きなカルマはあるかもしれませんが、この愛の教えと平和の教えが結びついて、今、日本は、一国平和主義をやっています。そのため、今、あなたがたは、「このままで行くと、マヤの最期のようなものが来るかもしれない」と警鐘を鳴らしているのでしょう。
そして、皮肉なことに、そのマヤ文明の最期を見取った王が、今、アメリカの大統領をしているという不思議な巡り合わせがあるわけですね。』

 -2011年6月8日 ケツァルコアトルの霊示
 ---「2012年人類に未来はあるのか」-マヤの「人類滅亡予言」の真相-
            第2章 ケツァルコアトルの復活 より

ケツァルコアトル(ククルカン)
古くは紀元前より、マヤやアステカなどのメソアメリカ文明で信じられていた平和の神
(マヤでの呼び名は「ククルカン」)。「羽毛ある蛇」を意味する。本章に登場する霊人は、九世紀ごろ、ケツァルコアトルを名乗り、当時の文明の繁栄を築いた王。マヤやアステカには、その復活の伝説が遺っている。


H0327.jpg

ご訪問ありがとうございます。
涼しい日が続いていましたが、また、暑さが戻ってきたみたいですね。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時ですね。
みなさま、どうか、ご自愛くださいませ・・。

さて、今日は、早速、ニュースを拾ってみました。
最近の中国、ほんと、やりたい放題ですね・・。

中国の海洋調査船が今度は久米島沖に 海保の警告無視 - MSN産経
29日午前8時50分ごろ、沖縄・久米島北西約246キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「科学3号」が航行しているのを海上保安庁の航空機が確認した。船尾からワイヤのようなものをひいており、事前通報とは違う海域を航行していたため航空機から無線で警告したが応答はなく、第10管区海上保安本部(鹿児島市)が巡視船を派遣するとともに、引き続き監視を続けている。
 中国の海洋調査船は今月25、26日にも沖縄・尖閣諸島周辺のEEZ内で事前通報と異なる海域を航行しているのが確認されている。今回の調査船は26日に確認されたものと同じ船。


中国の海洋調査船が、また、事前通報とは違う、
日本の排他的経済水域を航行していたみたいですね。
そして、今度は、久米島沖ですか。
この間は、尖閣周辺でしたよね・・。
尖閣周辺に中国の海洋調査船 今年2回目、事前通報とは別の海域で調査 - MSN産経 

最近の中国公船の動きは、ほんとに、目に余るものがありますよね。
これって、完全に、日本を舐め切っているということですよね。
あっ、産経の主張では、日本が甘いから、つけこまれるんだと言われていますね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

民主党の場当たり外交で日本は更なる窮地に ! 『外交は、国の命運を左右する重要課題』

戦争は、外交上の失敗の延長上にある
『沖縄では、米軍基地の問題が知事選での大きな争点になりました。
先の大戦において、沖縄が、本土に比べて大きな被害を受けたのは事実です。そして、戦争や軍隊などに関して、アレルギーがそうとうあることも事実であると思います。
ただ、戦争というのは、それに先立って、外交の問題があるものなのです。教科書などには、「軍部が独走して、あのような戦争を起こし、国民は被害を受けた」というように書かれています。そういう見方を後知恵で付けることも可能かとは思いますが、やはり、戦争に先立って、外交の失敗があったのです。
いちばん致命的な失敗は何だったかというと、それは、日英同盟が破棄されたことです。これが大きかったと思います。
もし日英同盟が破棄されずに維持されていたら、アメリカとの戦争は起きていません。
軍部云々の問題ではなく、戦争そのものが起こらなかったのです。アメリカが最強になる前は、イギリスが最強でした。そのイギリスと同盟を結んだままであれば、アメリカと戦うこともなかったはずです。
外交の失敗は致命的なものです。戦争などは、基本的に、外交の延長上にあるものなのです。したがって 、外交を軽く考えてはいけません。先のことをよくよく考えた上で、外交をしなければならないのです。』

   --「平和への決断」-国防なくして繁栄なし- 第5章 この国を守る責任 より

H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
昨夜、今月後半の仕事を片付けて、ほっと一息ついて、
何気にカレンダーを見たら、なんと、世間は三連休だったんですね。
(気付くのおそっ !)
少し涼しくなってきたので、行楽日和だったのでしょうかね・・。

さて、今日は、まず、先週の幸福実現TVをご覧くださいませ。

第29回「子供につけをまわさない!ために、増税してはいけない!」


はい、「子供につけをまわす増税」
ほんと、増税しても、税収は増えませんよね。
9/23 子孫に最大のツケを回す復興増税-黒川白雲公式サイト

消費を冷え込ませ、更なる不況を呼び込む増税。
増税しか考えられない野田政権には、とっとと潰れていただかないと、
日本の経済、ほんとに、更に沈んでしまいますよね。

というか、経済も、外交も、そして、日本の防衛も考えられない民主党政権は、
一秒でも早く、お引取り願いたいです・・。

さて、外交と言えば、中国漁船衝突事件の船長釈放は、
やっぱり、菅・仙谷氏の政治判断だとの証言が出てきましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

『現代的な「常識」に縛られている日本』 超能力?宇宙人?そんなもの信じられない?

『軍事的にも、現代のいろいろな先進国では、超能力を使って、敵の情報を探っていますね。
例えば、あれはイランでしたか?かつて、イランのアメリカ大使館で人質事件があったときにも、アメリカは、透視能力を使って、「人質がどの部屋に監禁されているか」などということを地球の裏側から透視させ、部屋の特定までして、人質を生かしたまま救うことを計画していました。
最近では、サダム・フセインが穴を掘って隠れていましたね。あれは「現地の情報もあった」と言われているけれども、実は、アメリカの超能力捜査官たちは、透視能力を駆使して探していて、いちおう、居場所をほぼ突き止めていたのです。
科学技術が進んだ先進国にも、そういう面はありますが、日本のほうは、とっても遅れておりますね。
だから、日本においても、そうした現象は必要だと思うし、それを信ずる心を失ったら、例えば、病気なども治らなくなります。日本に入っている西洋医学では、「病気は、薬を飲むか、切り取るかしなければ治らない」と思っていますね。
ところが、幸福の科学でも、最近、いろいろな病気が治り始めました。これは、科学的に説明なんかつかないですよ。説明はつかないけれども、神の偉大な力から考えれば、「創りたるもの」が、いろいろなものを変えることぐらい、あるいは消すことぐらい可能だということですね。
日本人は、あまりにも現代的な「常識」に縛られていて、そうした超能力的なものを縛りすぎているので、少し打ち破ったほうがいいと思う。
私は、あなたが、私を裏側に分類しようとしているのを感じますけれども、私は「プリズム」ですから、無色透明で、「裏も表も両方必要だ」という考えなのです。もし、それが必要でなければ、そういった人たちが九次元界に存在することは不可能なはずですので、一定の役割を果たしているんですよ』

  -2010年3月2日 マイトレーヤーの霊示
  ---「ゾロアスターとマイトレーヤーの降臨」 第2章 「光のプリズム」の使命 より

マイトレーヤー
天上界で、仏の光のプリズム化を担当し、慈悲の具体化の活動をしている九次元存在。神智学においては、さまざまな宗教や神秘主義、オカルトの奥義を体得した大師(マスター)の一人とされている。『太陽の法』第1章・第4章・第5章参照。


H0330.jpg

ご訪問ありがとうございます。
え~、最初にお断りしておきます。
今日の記事は、いつもより長文です。
今まで、ちょっと避けていた宇宙関連の記事をどうしても書きたくて、
ここ何日かずっと、他の記事と平行して書いていたために、
ど~んといつもより長い記事になってしまいました。
私にとっても、未知との遭遇です。
どうかご容赦くださいませ・・。

さて、大震災、津波、原発事故、そして、台風12号。
今年に入って、未曾有の災害が続くなかで、
またもや、台風15号が各地で猛威を振るいましたね。

あっ、我が大阪では、大雨は降りましたが、
さして被害もなかったのですが、お隣の和歌山は、
更なる被害に遭われているようで、ほんとに言葉を失いました。
その上、この台風15号は、紀伊半島から愛知、静岡、関東、
そして、東北に至るまで、猛威を振るい続けたようでね。

【紀伊半島豪雨】熊野の土砂崩れダム、越流を確認 浸食進めば決壊も - MSN産経
【台風15号】神奈川県で47万戸停電 - MSN産経
【台風15号】東北で1万カ所停電 強風で送電線が断線 - MSN産経
【台風15号】豊橋で避難指示1万2千人 名古屋では9人死傷 - MSN産経

台風で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げますとともに、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします・・。

さて、台風15号は、日本列島を縦断し、多くの被害を出しましたが、
日本政府の災害対策は、しっかりされていたのでしょうかね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

マスコミは真実の報道をせよ ! 『幸福実現党はマスコミよりも、マスコミ的な政党』

百歩先が見えている幸福実現党
うーん。「分からない人には、分からないんだなあ」ということをつつくづく感じましたね。
政党というのは、一般的には、「後追い」なのかもしれませんね。一般の政党というのは、何か問題が起きて、みんながわあわあ騒ぐようになってから、「それじゃあ、どうにかしなければいけない」と人が集まってきて、どうしようかと議論してつくる。だいたい、そういう動きをしているのかな。
うちの場合は、「こうしておかなければ、いけないよ」と言って、先へ行っているので、そのあたりの「タイムラグを調整できるかどうか」という二年間だったかな。
ですから、こちらには明らかに見えていたものが、「国民」と言ってはいけないかもしれない、「マスコミ」のほうなのかもしれないけれども、まだ、見えていなかったようですね。
半歩先ぐらいを言うと、ちょうど賢く見えますが、十歩も二十歩も百歩も先へ行くと、狂ったように見えてくるんですよね。

 ---「日本の未来はここにあり」-正論を貫く幸福実現党- 第1章 国難を迎え撃て より

H7011.jpg

ご訪問ありがとうございます。
今日は敬老の日でしたね。
日本は、世界一の高齢化社会と言われていますが、
そんな日本の高齢者の人数は、2980万人に達しているんですね。
高齢者2980万人 過去最高 NHKニュース

日本の少子高齢化の原因は、出生数が減ってる上に、
平均寿命が延びて、高齢者が増えているためなんですよね。
まあ、この平均寿命を延ばしている高齢者が、
我が家においても二人いるのですが・・。

今の時代は、食べ物も良くなって、その上、医療技術も進歩して、
昔と違って、生きていく上で、いろいろと良くなっていますよね。
でも、食べ物や薬で、身体はけっこう元気に保たれているけど、
脳の萎縮は止められず、痴呆はどんどん進んでいくんですよね。

平均寿命を過ぎても、生きている意味はどこにあるのか、
このまま、高齢者が増え続けたら、この日本はどうなるのか、
高齢者介護をしている日々のなかで、私は時折考えてしまいます。
まあ、でも、脳は壊れていくけど、心、魂は健全なんですよね。
肉体を持って、長く生き続けることは、ほんとに大変なことなんだなと、
しみじみ感じている今日この頃です・・。

さて、脳が壊れると言えば、また、脳死判定で、
家族が、臓器提供を承諾したとの報道がありましたね・・。

本人意思不明で53例目脳死 関東地方で60代男性 - MSN産経ニュース
日本臓器移植ネットワークは19日、関東地方の病院に脳出血で入院していた60代の男性が18日午後11時54分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。男性は書面で臓器提供の意思を示していなかったが、家族が脳死判定と臓器提供を承諾した。
 本人の意思が不明なのは53例目で、脳死移植は臓器移植法施行以来、148例目。

(一部転載)

本人の意思が不明で、家族承諾の臓器提供は、今回で、53例目だそうですね。
脳が壊れても、心臓は動いているんですよね。
ましてや、心、魂は、ちゃんと感じているんですよね。
そんな、生きている状態の人なのに、勝手に、脳死判定をして、臓器移植すると、
臓器を取られた方は、凄い痛みと苦しみのなかで死を迎えるんですよね。
これは、殺人と呼んでもいいぐらいですね・・。

脳死は、人の死ではありません。
本人が、崇高な精神を持ち、他の方を救いたいというお気持ちで、
臓器移植に承諾されるのであればいいのですが、本人承諾もないのに、
臓器提供を続けるのは、ほんとうに、やめていただきたいものですね・・。

脳死による臓器移植の真相-脳死者は臓器を取られると驚愕する 2010.8/20記事。
ほんとうの死とは何か-「唯脳論」は新しい唯物論 2010.9/5記事。

さて、コロリと話は変わりますが、以前、幸福実現党の立木党首が、
朝日新聞社前において、街宣を行われていましたよね。
ついき秀学党首が朝日新聞社前(築地)にて街宣を行いました! | 幸福実現党ニュース

私は、そのとき、立木党首、やるなぁ・・と思っていましたが、
なんと、今度は、財務省前で、キャンペーンを行われたみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

朝日グループと民主党は一蓮托生 ?! 『朝日ジャーナリズムの「守護神」に迫る』

『最初は週刊誌の小さな記事の背後に、何らかの意図があるかを確かめるために始めた試みだった。しかし、イモヅル式に出てきたのは、戦後日本の「民主主義体制」と、「平和憲法」に巣食うウイルス性の深い病根であった。
私たちは意外に大きなものと戦っているらしい。推理小説風に次々と明かされてくる衝撃の事実に、驚きを禁じえない。
朝日新聞から産経新聞まで、公平無私の態度で読み込んでいる私には、特別な先入観や偏見はない。ただただ、「真実とは何か」「正しさとは何か」を求め続けているだけである。ただ言えることは、死んでも、自分があの世にいること、霊的存在であることを認めない人たちの側に「神の正義」はないということだ。
この本自体が、「宗教が世を照らす公益事業である」ことを証明して余りあるものとなっているだろう。』
    
   ---「現代の法難④」
    -朝日ジャーナリズムの「守護神」に迫る- まえがき より

H0329.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ここ2ケ月ほど、少々忙しい日々を過ごしていたので、
なかなか書籍を読めなかったんですよね。
でも、その間にも、どんどん書籍が発刊されているので、
まだ、購入していない書籍が10冊ほどあるんですよね。
早く追いつかないと・・。

ということで、今日は、久しぶりに読み終えた、
『「現代の法難④」-朝日ジャーナリズムの「守護神」に迫る-』を取り上げてみました。

あっ、前回の記事のなかで、朝日のことを取り上げたので、
今日も、更に、朝日の闇を突いてみたいと思います。

はい、いつもと書き方が違うのですが、高級霊と違って、
暗いところにおられる方の霊言は、ちょっと、書きにくいんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

『マスコミは「報道被害」の責任を取るべき』  民主党政権を誕生させた責任を今こそ取れ !

『今、「風評被害は、どうする」などと言われています。これを、例えば「報道被害を、どうする」と置き換えると、やはり報道被害を出したところが責任を持たなければいけないことになりますが、そうするとマスコミも困るでしょう。このように、言葉ひとつで、どうにでもなるんです。
「損害賠償を請求されるかな」と思えば、とたんに報道が正常に戻ったりするかもしれません。過大にして、マッチポンプで稼いでいた部分がありますからね。
このあたりのマスコミの姿勢も、糾さなければいけません。
マスコミは、政治家についても操縦できる。要するに、「選挙で落す」という強権でもって動かせるのです。「善悪は、結果のみ」というところです。
したがって、先ほど、幸福実現党は、「オピニオンでできている政党だ」と言いましたが、こうしたマスコミを、言論で打ち破らなければいけないところもあるでしょうね。
マスコミも、儲けや視聴率が気になるでしょうが、最後には、正しい言論に切り替えないと、良心に痛みが生じますから。その必要は、分かっていると思います。
一年や二年は、おふざけをすることはできるかもしれませんが、五年も十年もはできない。それを続けたら、国民の「信」を失いますのでね。
こうしたマスコミの姿勢を糾すには、大きなメディアは使えないかもしれませんが、チラシを撒いたり、デモをしたり、ITなど、いろいろ小さなツールで、国民にジワジワと「考え方」を浸透させていくということで、ゲリラ的にやっていけるところはあります。
ここがアフリカだったら、幸福実現党は、政府を倒し、国外逃亡させている実力は、もう持っているんですよ。日本では、うまいこと統制が利いています。』

      ---「日本の未来はここにあり」-正論を貫く幸福実現党- より

H7011.jpg

ご訪問ありがとうございます。
9.11のテロの日から、もう、10年も経ったんですね。
あっ、9月11日は、息子の誕生日なんですよね。
10年前のこの日から、9.11と呼ばれるようになってしまって、
なんか、息子の誕生日が来るたびに、複雑な気持ちなんですよね・・。

アメリカの同時多発テロで犠牲になられた方のなかで、
まだ、迷っておられる方がおられるのであれば、
一日も早く、安らかに、天上界に還られるようにと祈ります。
そして、ご遺族の方々の心が、一日も早く癒されますように・・。
【米中枢同時テロ】式典出席へ邦人遺族がNY到着 - MSN産経

さて、今日はまず、幸福実現ТVをご覧くださいませ。
第27回「野田内閣誕生! 果たしてその実力は!?」
今回のゲストは、里村英一さんです。
あっ、里村英一さんは、今は幸福の科学広報局長ですが、
その前は、月刊「ザ・リバティ」の編集長をされていたんですよね。

第27回「野田内閣誕生! 果たしてその実力は!?」


さて、野田内閣と言えば、内閣が誕生する前に、
野田首相の守護霊の公開霊言が、8月30日に行われたんですよね。
その公開霊言の書籍が、なんと、9月20日に、もう、発刊されるんですね。
はやっ !
9/20(火)緊急発刊予定!! 最新刊『沈みゆく日本をどう救うか』発刊のお知らせ(キャンペーンチラシもダウンロードいただけます) | 幸福実現党ニュース

この人に日本を任せて大丈夫!?

60b58d33a411f6cb2411204be509d31a1-212x300.jpg

『沈みゆく日本をどう救うか』
-野田佳彦総理のスピリチュアル総合分析-
9/20(火)に緊急発刊!!
(一部転載)

どじょう宰相の胸の内をお知りになりたい方は、
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、はやっ ! と言えば、野田内閣の鉢呂経産相が、
もう、辞任されたみたいですね・・。(早すぎるやろ・・)

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

領土を守る気概を持て !  『国際法上、日本領であることが確定している尖閣諸島』

『今、日本にとって大事なのは、「外交の鉄則」をきちんと立てることです。
そして、「今後、日本の外交は、このような鉄則の下に行う」ということを、あらかじめ、 国内および外国に対し、明確に示しておくことが大事なのです。
それをせず、場当たり的に「何とか片付けよう」とか、「話し合いで済ませよう」とか、そのようなことをしていると、しだいに、おかしな交渉に持っていかれ、何をやっているのかが分からなくなるのです。
尖閣諸島にしても、国際法上、日本の領土であることは確定しています。もし、それを間違っていると言うならば、中国は国際司法裁判所に提訴すればよいのです。しかし、中国は絶対にそうしません。なぜなら、裁判で負けることが分かっているからです。そこで、 当事者同士の紛争に持っていこうとしているわけです。
中国は、国際司法裁判所に持っていかず、「尖閣諸島は中国固有の領土である」と一生懸命に言って、国民を洗脳しています。その意図は、先ほど述べたように、海底油田などの資源を手にいれることです。1970年ごろ、石油が大量に埋蔵されていることが判明したのですが、それが、尖閣諸島を欲しくなった、もともとのきっかけなのです。』

        ---「平和への決断」 第5章 この国を守る責任 より

H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
今日は、雲ひとつない青空が広がっておりました。
(更新する時は、もう昨日になってるかな・・)
ほんと、大阪にしてはめずらしい、とっても綺麗な青空でした。
その綺麗な青空を眺めながら、ぼちぼち老犬の散歩をした帰りに、
何気に家の屋根を見たら、なんか、風景が変わっていたんですよね。

(あれ~?なんか足らんな・・)と、よくよく見てみたら、
な、なんと、テレビのアンテナが消えておりました。(随分前から不用品)
(げっ、どこに飛んだんやろ・・)と、目を凝らして見てみたら、
隣の家の屋根に横たわっておりました。
明日、撤去してもらうのですが、お隣の屋根が壊れていないことを祈るばかりです。
危ないものは、さっさと始末しておけばよかったと、反省しきりの今日この頃です。

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまず、先週の幸福実現TV、
第26回「あの尖閣事件から1年!憲法守って国滅ぶ」をご覧くださいませ。
ゲストは慶應義塾大学教授の小林節先生です。
9/1放送 幸福実現TV「あの尖閣事件から1年!憲法守って国滅ぶ」のご紹介 | 幸福実現党ニュース

第26回「あの尖閣事件から1年!憲法守って国滅ぶ」1/3


第26回「あの尖閣事件から1年!憲法守って国滅ぶ」2/3


第26回「あの尖閣事件から1年!憲法守って国滅ぶ」3/3


はい、「憲法守って国滅ぶ」なんて、本末転倒ですよね。
憲法を守るよりも、国を守って欲しいものです・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
早いもので、尖閣事件から既に1年が過ぎましたが、尖閣事件の、
現場映像をネットに流出させた、一色正春さんのインタビューが掲載されていましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

『二回の大震災は左翼政権への「天の警告」』 そして、台風12号は野田首相への天意 !

『前回の阪神・淡路大震災のときも、政治的には、まれに見る異常な事態でした。村山富市社会党委員長が"顔だけの総理"になり、それまでは否定していた自衛隊も日米安保も日の丸も、急に「認める」と言い出す状況でした。
彼は、自民党に担がれ連立政権の総理になったのですが、例年、正月には総理が伊勢神宮に参拝することが慣例だったのに、初めて、正月に伊勢神宮に参拝しませんでした。
ところが、1月17日に阪神・淡路大震災が起きると、そのあと、4月に伊勢神宮に参拝に行きました。震災を「神の祟りか」と思って怖がったようです。
結局、彼は、震災の数カ月後に、地震直後の発動がすごく遅かったことなど、震災後の対策が十分にできなかったことの責任を取って、退陣しています。
また、阪神・淡路大震災のときの兵庫県知事は革新系の人だったのですが、その人は、当初、自衛隊が救援に来ることを拒否したのです。「自衛隊は違憲だ」と考えていて、その存在を認めておらず、自衛隊が兵庫県内で演習することも許可していなかった人なのですが、大きな地震が起きた当日でさえ、自衛隊が県内に入ることを許しませんでした。こういう思想的な問題が大きく影響して、被害が拡大したと思います。
さらに、当時、アメリカからは、「空母を神戸に送って救援したい」という申し出がありましたが、日本側はそれを拒否しました。空母は、三万人ぐらいの人を乗せて泊らせ、食事を提供することができるので、救済能力、救援能力が非常に高いのですが、その申し出を拒否したのです。
そういう政権のときに災難が起きたわけです。』

    ---「逆境のなかの希望」 第1章-1.再び日本を襲った大震災 より

H0322_20110713221847.jpg

ご訪問ありがとうございます。
大阪は、昨日あたりから、やっと晴れ間も見え出し、
太陽の日差しが暖かく感じられるようになりました。
でも、まだ、風は冷たいんですよね。
それにしても、今年の天候、ほんとに、おかしいですよね・・。

さて、今日はまず最初に、9月3日に放送された、
「未来ビジョン 元気出せ ニッポン」の動画をご紹介いたします。
ニュース・経済 未来ビジョン 元気出せ!ニッポン! | BS11
「未来ビジョン 元気出せ ニッポン」は、BS11で、
毎週土曜日18時30分から放送されているんですよね。
あっ、「未来ビジョン」は、幸福の科学出版提供のTV番組です。

#73「なぜ今、憲法改正が必要なのか」 ゲスト:安倍晋三(元内閣総理大臣)




先週のゲストは、安倍元総理だったんですよね。
いや~、私は、けっこう前から、テレビはまったく見ないので、
このBSを見る環境も整えていないのですが、
動画をUPしてくださる方がいるのでありがたいですね。

あっ、そうそう、私は、安倍さんが、とっても好きなんですよね。
安倍さんが、もう少し長く総理をされていたら、憲法改正への道筋が、
しっかりついていたのではないかな・・と、今でも、残念でなりませんね。
もっともっと、頑張っていただきたい政治家ですよね・・。

でも、それにしても、安倍元総理が未来ビジョンで話されるなんて、すごいですよね。
あっ、そういえば、先週行われた国防シンポジウムでも、地政学者の奥山真司さんや、
元海上保安官の一色正春さんと、幸福実現党の立木党首が、一緒に講演をされたり、
パネルディスカッションをされたりしているんですよね。
9月3日(土)国防シンポジウム「日本のあるべき国防政策」(星陵会館)が開催されました。 | 幸福実現党ニュース

なんか、保守の方たちが、続々と集まり出したような感じがしますよね・・。
あっ、それに関しては、お友達のまねき猫さんも、ブログで書かれていましたね。

つぶやき集Vol177(日本を代表する保守思想家達)-飛騨高山より幸福実現ブログ
こんばんは。
惠隆之介氏、国会新聞社編集次長の宇田川敬介氏、元海上保安庁SST隊長住本祐寿氏、
慶應義塾大学小林節氏、奥山真司氏、一色正春氏(sengoku38)、
「頑張れ日本」への参加で有名な保守政治ジャーナリスト山際澄夫氏、
日下公人氏、渡部昇一氏、石平氏、平松茂雄氏など日本を代表する保守論客の方達に、
幸福実現党の政策に賛同して頂いたり、講演を引き受けて頂けたり、或いは共同執筆などを
して頂けるようになってきました。
 
(一部転載、続きは飛騨高山より幸福実現ブログでどうぞ)

もっともっと、保守勢力が集結して、早く、左翼勢力を倒してくれることを祈ります・・。 

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
野田内閣の支持率が発表されたみたいですが、とんでもない数字が出ていますよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

『民主党には徹底的に"在庫一掃"してもらったほうがよい』 三代目の首相で在庫切れ? !

『私は、菅さんが、徹底的に落ちて、すべての能力を洗いざらい実証してもらうのも一つだと思うし、次の人が出てきて、さらにまた無能であることを実証して、もう"弾"がないところまで見せるのもいいと思う。
どうせ、あと二年粘ろうとして頑張っておるのは分かっているんだから、もう、"在庫一掃"してもらったほうが、かえっていいかもしれないという気もするんだ。
それだと、もう民主党に投票する気もなくなるからね。
下手に、潔く、あっさり辞められると、無能さが分からずに、復活してくるかもしれないから、危ないですよ。
-中略
この前、誰かが、「信なくば立たず」と言っていたけれども、そのとおりだと思うね。
やはり、政治においても、信義というものを大事にしなければいけない。
信義を大事にしないのであれば、マニフェストだとか、公約だとか、こんなものは、もう、まやかしにすぎなくなる。それを選挙のときだけ見せて、あとは、「みな忘れるだろう」ということを前提にやっているわけだ。それが新聞に載っても、わざわざ切り抜いて壁に貼り、毎日眺めている人はいないからね。
だから、そういう「騙しの政治」が民主主義政治であるのだったら、そのへんに対しては、やはり、きちっとただすことが必要だろうね。』

         -2011年6月22日 空海の霊示
         ---「もし空海が民主党政権を見たら何というか」
         Chapter 1-2.民主党とマスコミの「責任回避」の魔術 より

H7012.jpg

ご訪問ありがとうございます。
なんか、また台風が来てますね。
週末、列島直撃の恐れ 台風12号、各地で大雨 - MSN産経ニュース
私は今日、雨と風のなかを傘を差して出かけましたら、
華奢なので、思わず飛ばされそうになりました。(うそ、傘が・・。)
みなさま、被害に遭われないように、万全の備えをしてくださいませ・・。

さて、先月は特に忙しい日々を過ごしていたのですが、
いろいろと諸問題が噴出すなかで、私にとって、
一番難関と思われていたことが、一昨日、すっきり解決してしまいました。

いや~、この問題が目の前に現れた時は、娘の容態も悪化していて、
もう、娘には責任を取れそうもないし、かといって、
娘を援助し続けてきた私にも余力がなく、ほんとに、
にっちもさっちもいかない状態で少し悩んでいたんですよね。

でも、悩んでいても仕方がないので、自分が今出来ることをしようと決意し、
いろんな情報を集め、自分の解釈が正しいのかどうかを弁護士に聞きに行き、
そして、その道の専門家の人たちにも尋ねて、自分の言い分を、
ブログ並の長さの文書にしたためて、先方に、
「逃げも隠れもしませんし、最後まで私がお相手します」
と、29日に「宣戦布告」の文書を送りつけたんですよね。

そしたら、ちょうど、私が文書を送ったその日に、また、
先方から文書が届いて、「このままだと裁判に持ち込む」と書いてあったので、
「こちらも望むところや~」と思っていたら、なんと、
一昨日、また速達が届いて、「またかいっ ! 」と思いながら開けて見たら、
「今回の件は、もうこれで終わりにします」と書いてあったんですよね。

おや~?
たった一日で考えを変えたの?
なんか、信じられなくて、何度も読み返してみましたが、
ほんとに、終わりにすると書いてあったんですよね。
う~ん、最後まで戦うつもりでいた私は、拍子抜けしてしまって、
その後、どっと疲れが出て、熱まで出だしたので、
布団に潜り込んで、久しぶりに熟睡してしまいました。

いや~、やっぱ、人生っていろいろあるんですよね。
自分では、今度は乗り越えるのに時間がかかりそうだなと思ってたけど、
とにかく、やれることはやろうと決心し、前に進んだら、
なんか自分でも不思議なくらいに道が開けたんですね。
やっぱ私、頭がいいのかな・・説得力があるのかな・・、
文才があるのかな・・と、誰も言ってくれないので、
ちょっと自分で自分を褒めちゃいました~。(自画自賛~)

まあ、冗談はさておき、何事も、あきらめず、最善を尽くしたら、
道が開けるということを、改めて教えられた出来事でした。
そして、神様はやはり、超えられない試練は与えられないのだなと痛感。
また、天の助けもいただいたのかな・・と、ほんとに感謝の思いでいっぱいです。
あと、急変された相手の方にも、感謝、感謝です。

まあ、私の人生、一難去ってまた一難ですから、あまり気が抜けないのですが、
今は、一番の課題をクリアできたので、ちっょと一息ついています。
人生いろいろ。
みなさまも、どんなことがあっても、あきらめず、
前向きに、自分の試練に立ち向かってくださいませ・・。
はい、余談はこれぐらいにしておきますね。(ながっ!)

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
野田新内閣の閣僚が決まったみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示