この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

人生を切り拓く意志の力

「意志の力というものは、かならずしも生得のもの、生まれつきのものではないのです。もちろん、生まれつき頑固な子供もいるでしょうし、気の強い子供、そういうものもいるでしょうが、しかし、そうした多少の性格の違いはあるとしても、それでけでは語れないものがあります。なぜならば、この意志というものは、鍛えていけるものだからなのです。古くから、「精神力を鍛える」という言葉で言われることがありますが、精神力と呼ばれていることのなかで、意志というのは、何か志を持ってそれを果たさんとする強い情熱です。エネルギーです。そして、この情熱とエネルギーは、
次第しだいに訓練を経て強くなっていきます。」

 -----「常勝思考」 第8章 人間の可能性 より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の登録者数が、101名になりました。
待機者数をあわせると、145名だそうです。
すごいですね。日に日に増えています。
まだ登録をされていない方は、ぜひ登録をお願い致します。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、またまたびっくりのニュースです。
耳を疑った「漢方除外」国際医療福祉大学大学院黒岩教授 寄稿-MSN産経ニュース
「事業仕分け作業で漢方薬が健康保険の適用から外された」ということを聞き、「漢方薬だけを取り出して除外するというのは、いったいなにを根拠にした発想なのだろうか?」ということで、黒岩教授が憤慨されています。
私は、健康なので、薬はあまり飲みませんが、たまにどうしても調子が悪いときは、「漢方薬」を処方してもらうことがあります。胃が少し弱いため、漢方薬の方がきつくなくていいんですよね。そして、以前、医療機関でも働いていたことがあるので知っていますが、(どんだけ職歴あるねん!)お年寄りには、「漢方薬」が多く処方されるています。
いきなり、漢方薬を保険適用外にしてしまったら、今、漢方薬を飲んでおられる方は、どうなるのでしょうか。今の日本は、本当に民主主義の国といえるのでしょうか・・。

HEAVEN SCENTのKIHIRUさんの怒りも頂点に達しています。
拡散もんだわ!【漢方薬までもが・・・犠牲に!】
日本のものではなく、輸入漢方薬なら安く手に入るそうだ
ん?ということは・・・?すぐ隣の大陸しか思い浮かばない・・・
いろいろと推測してしまうではないか・・・(みなさんも自由に想像して~)


自由に想像させていただいたら、↓私もこの方向ですね。
【from Editor】「小沢訪中団」は朝貢外交か-MSN産経ニュース
12月10日から中国を訪問する民主党訪中団に約140人もの国会議員が参加する
中国の「皇帝」に隣国の「家臣」たちが大挙して拝謁するかのようで、朝貢外交のにおいさえ漂ってくる。

うーん。大勢で何をしに行くのでしょうか?これはムダ使いにはならないのでしょうか?
事業仕分けをして、多くの人を困らせて、何のために事業停止をしているのでしょうか?
ほんとに理解に苦しむことばかりです。
東京地検特捜部の人たちは、意志を強くもって、正義を守るために、「献金疑惑三兄弟」の、疑惑の徹底解明をお願いしたいものです。

さて、今日は、「人生を切り拓く意志の力」というテーマを選ばせていただきました。
精神力を鍛えてきたつもりでいた私ですが、どうも私には、この「意志の力」というものが、一番弱かったように思います。

人気ブログランキングへ

真実の人生を生き切れ

学校教育で教わらなかった「真実の人生観」
「真実の人生観や世界観を知ると、ものの見方が、ちょうど正反対になります。
今、生きているあなたがた自身から見ると、「地上にいる、この『個性を持っている自分』こそが、唯一の自分であり、それ以外の人は、全部、他人である。あの世の世界などは見たこともないし、聞いたこともない。『あの世から帰ってきた』という話しも聞かないし、自分が、どこから生まれてきて、どこへ行くのかも知らない」と思えるでしょう。これが、この世の人の普通の姿ですし、それ以外の人生観を教えてくれるようなことは、学校教育でも、ほとんどありません。真実の人生観、世界観を教えることができるのは、唯一、正しい宗教のみなのです。」

  -----「勇気の法」 第5章 真実の人生を生き切れ より

ご訪問ありがとうございます。
11/22に開設された「幸福実現党サポーターズ SNS」の登録者数が、70名を超えております。待機者数を併せると100名を超えているそうです。
まだ登録をされていない方は、ぜひ登録をお願い致します。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、現実の政治の世界に目を向けると、いやはや、ほんとにあきれますね。
お母様、お姉さまからお小遣いを貰い続けて、「恵まれた家庭」で育てられた方の発言は、私のような庶民には理解不能です。
「実母からの資金提供については「私の知る範囲では、ないと信じている」と答弁していた。」ということですが、では、この十数億は、どこから沸いて出たお金なのでしょうか?
あげくに今度は副総理まで・・。
菅氏「寄付金偽装」で違法性を否定 - MSN産経ニュース
実母から首相に十数億円 実母の参考人聴取も検討 - MSN産経ニュース
元政策秘書を聴取 「重大過失」疑いも 鳩山首相偽装献金問題 - MSN産経ニュース
ああ、もう、全員まとめて、早く捕まえてください~。

さて、今日は、「真実の人生を生き切れ」というテーマを選ばせていただきました。
鳩山首相他、民主党の政治家の方たちには、違う意味でも、「真実の人生を生き切れ」と、言いたいですね。まあ、私自身も、この「真実の人生観」を知らなければ、今頃みなさまの周りを浮遊していたかもしれません。

人気ブログランキングへ

勇気を出して、熱血火の如く生きよ

「「勇気とは何か」を知りたければ、「自分は、いかに生きるべきか」ではなく、
「自分は、いかに死ぬべきか」を考えればよいのです。
どのような一生を生き、どのような死に方をしたいのか。
どのような最期を遂げたいのか。
どのような人間として死んでいきたいのか。
自分が死んでから後に、どのような人であったと言われたいのか。
そうしたことを、自分自身に問うてください。そして、考えてください。
その問いへの答えが、あなたに求められている勇気なのです。」

 -----「勇気の法」 第4章 熱血火の如くあれ より

私は如何にして幸福実現党党員となったか、のmultithread1 さんが、
「幸福実現党サポーターズ SNS」を開設されました。(ありがとうございます)
11/22に開設されて、今現在、登録数が50名を超えております。
(待機者数を合わせると70名だそうです)

11/22 いよいよ幸福実現党 再始動を祈念して、
幸福実現党サポーターズ SNSを開設いたしました。
党員、支援者のための意見交換の場とし、皆様のご意見を交換する事により、
智慧を出し行動し、より良い幸福実現党の活動支援を行う事を目的としたいと
思います。
是非ご登録ください。また多くの方にご紹介いただければ幸いです。
(紹介での参加も可能です)
下記メールアドレスに、ご登録になりたいメールアドレスをお送りいただければ
登録でき ます。 (FC2ユーザーはFC2でID登録しているメールアドレスがベスト
登録メールアドレス: hrpsup@gmail.com

追って確認用の登録メールを返送いたします。
FC 2サイトのため、FC 2ユーザーの方は新規登録なしでご参加いただけます。
FC2ユーザー以外の方はメール返信後、確認メールが届き簡単なFC2新規IDの
登録が必要です。(どちらかと言うとFC2ユーザの比率が多いため、FC2を選択
いたしました)
まず、一歩から進めていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


すごいですね。私も登録させていただきました。
登録されていない方は、ぜひ登録をお願いします。
仲間の輪に入って、共に応援してまいりましょう。

ところで、先日発表された鳩山内閣の支持率は62.5%でした。驚くべき数字です。
【本社・FNN合同世論調査】事業仕分け評価9割 内閣支持率もアップ-MSN産経ニュース

人気ブログランキングへ

揺るがない不動心、不退転の意思-あなたの真価が問われるとき

どれだけ多くの人の人生に責任を持てるか
自分の器の大きさをどう測るか

「人間の器の大きさとは、責任をとれる範囲のことであります。
人間の大きさを測る基準は幾つもありますが、一つには、「どれだけ責任をとれるか」ということなのです。
-中略
責任をとるということは、自分の人生だけではなく、他の人の人生にも責任をとることを意味します。これはリーダーの資格そのものです。「どれだけ多くの人の生き方に責任を持てるか」ということが、リーダーとしての器を表すのです。無責任なリーダーの下にいる人は、たまったものではありません。」

  ---「リーダーに贈る必勝の戦略」 第4章 揺るがない不動心、不退転の意思 より

日本国民は、ほんとにたまったものではありません・・・。
鳩山首相の器では、国民の人生の責任など、とってくれそうにもありません。

阿比留瑠比さんのブログ国を憂い、われとわが身を甘やかすの記の先日の記事の最後に、「この政権、だれかなんとかしてください…。」って書かれていました。
不謹慎ですが、一人で笑ってしまいました。
でも、だれかなんとかでは、だめですよね。多くの国民が声をあげなければ・・。
鳩山首相、普天間解決へオバマ大統領に「私を信頼して」 - MSN産経ニュース
「政府は早めの決断を」普天間移転で名護市長 - MSN産経ニュース
「年内結論の状況ではない」普天間移設で首相-外相は年内決着目指す-MSN産経ニュース
普天間問題「鳩山発言ぶれはなぜ?」日米合意も「無視せず」→「前提としない」→「重い」 - MSN産経ニュース
ほんとに何をどうしたいのか、分からない人ですね。
選んだ職業が間違っていたのではないのでしょうか。

今日のテーマは「揺るがない不動心、不退転の意思」を選んでみました。
鳩山首相に、ぜひ、この書籍を読んでいただきたいものです。

人気ブログランキングへ

勇気を持って殻を破ろう

「人間は、少し頭が良くなると、優柔不断になったり、細かいことを気にしすぎたり、
自己規制をしたりしては、"できない理由"を実に整然と説明するようになる。
しかし、こんな能力を鍛えても、世の中の役には立たない。
新しいことを行い、それを発展させようと思ったら、できない理由ではなく、
「どうやったら、できるか」ということを、いつも考えることだ。
勇気を持って殻をやぶろう。そして、行動しよう。
できない理由を語るのではなく、「どうやったら、できるんだ」と、
いつも自分自身に問う、あなたであれ。」

 -----「勇気の法」 第2章 挫折に耐える力を(あたなに贈る言葉①) より

民主政権の第一・第二権力者の方の、恥かしい行ないばかりが報道されています。
民主党に投票された国民の方たちは、どのような思いでこれを見られているのでしょうか。
中川秀直氏、首相の政治資金詐欺追及 - MSN産経ニュース
「小沢幹事長側に1億円」 水谷建設の関係者供述 - 47NEWS
「小沢氏秘書が寄付強要」青木愛議員の元公設秘書が証言 - MSN産経ニュース
政治とカネ、政権直撃か 土地購入資金も不透明 小沢氏裏金疑惑 - MSN産経ニュース
「小沢氏側に5000万円」水谷建設元会長、ダム工事受注で裏金か - MSN産経ニュース
今後の検察の頑張りに、大いに期待しています。

さて、一昨日、国防関連の記事を書かせていただきましたが、結構、素通りされると思っておりましたら、意外にも、多くの拍手をいただきました。
すごく励みになりました。ありがとうございます。
私は、ブログを立ち上げる前から、拍手や、ランキングのクリックをさせていただいておりますが、その拍手やランキングの仕組みも、イマイチ分かっていなかったところがあり、最近になって、ようやく分かってまいりました。(遅い・・)

人気ブログランキングへ

この国の未来を変えるために

戦後教育の間違い-宗教と国益の蔑視
「戦後教育のなかのいちばんの間違いは、「宗教は卑しいものだ」と教えてきたことです。そして、もう一つは、「国益というものは、恥ずかしい、卑しむべきものだ」と教えてきたことです。
しかし、日本以外のどこの国でも、国益ということを大事にしています。政治を司る者のいちばん大切な仕事は、国民の生命と安全、財産を守ることです。これを放棄したら、政治指導者としては失格であり、政治が成り立たないのです。」

 -------「政治に勇気を」 第3章 迫り来る国難に備えよ

★都議会議員の土屋氏に続いて民主党に反旗を翻す動きが出てきました!
(オーパの幸福実現党応援宣言!より)
不安な報道が続くなか、ちょっと希望が持てる記事ですね。

さて、昨今の報道を見ていますと、日米関係がどんどん悪化する状況にあると思われます。
【正論】外交に「主義」を持ち込む危うさ 拓殖大学学長・渡辺利夫 - MSN産経ニュース
【櫻井よしこ 鳩山首相に申す】日米関係を修復せよ - MSN産経ニュース
米大統領おいての首相離日に「失礼かはノーコメント」と官房長官 - MSN産経ニュース

安全保障・国防問題につきましては、以前から何度も書かせていただきましたが、現政権は、すでに、中国、北朝鮮とお近づきになりたい方向で進んでいると思われますが、それに対して、「無関心で、危機感を持たれていない国民の方が多いのかな」と、感じています。
まあ、私もあまり偉そうなことは言えません。ついこの前までは無関心だったのですから。
でも、関心をもって今の政治を見ていると、その怖さがわかるようになってきたのです。

人気ブログランキングへ

宗教家こそが堂々と正論を貫ける

「幸福の科学は、あくまでも純粋に、「正しいものは正しい」と主張し続ける団体でありたいと思っています。
信者の一人ひとりに対しては、「正しき心の探求」を求めてきましたが、団体としても、やはり、「正しい国家目標、あるいは、正しい未来目標を追求していく姿勢」を持ち続けたいと思います。
そのことが、われわれの利益になるか、害になるかということは別にして、「冷静にみて『正しい』と思うことは貫く」という姿勢を守らなければならないと思うのです。
今回は、政党の立ち上げが急であったこともあり、宗教家の立場から立候補する人もかなりいます。
ただ、そのことについて、引け目を感じる必要はないと私は思います。
むしろ、今、宗教家以外に、この世のいろいろなしがらみや利害関係にとらわれず、堂々と意見を言える職業はほとんどないでしょう。たいてい何らかの利害が絡んでいて、正論がいえない状況です。」

 -----「政治に勇気を」 第5章 未来への道 より

民主党の第一権力者の小沢氏が、「宗教論」を語って物議を醸し出している。
「キリスト教は独善的」と小沢氏、仏教は称賛 - MSN産経ニュース
「独善的」発言でキリスト教連合会が小沢氏に撤回要求の抗議文 - MSN産経ニュース
宗教論を語るほど、信仰心があるのでしょうか?

さて、最近、ミクシィなるものを知りました。
娘に招待されての参加ですが、ブログもまだまだなのに、また新しい挑戦をしようとしています。でも、新しいことは好きなので、気楽に日記をつけてみようと思います。
ところで、ミクシィのコミュニティで「幸福実現党を応援しよう」というのを見つけました。
参加者は120人ほどで、結構集まっています。
ただ、中には批判のコメントとかもあって、ちょっと変わっています。
(アンチが何故、「応援しする」っていうコミュニティでコメントするのか?不毛です・・。)
そして、「幸福実現党は政策が気に入ったから応援しているけど、支持母体の宗教を応援したつもりはない、支持者としては、宗教活動とごっちゃにしてほしくない」というコメントがありました。
人気ブログランキングへ

恨み心で恨みは解けない

「変えることのできない過去、それ自体にこだわって、この過去を変えさせようとすることは、ひじょうに難しいことなのです。起きてしまった過去のことに対しては、どのような評価をそれにくだし、そして、今後それをどのように役立てていくか、こうした教訓の面でそれを生かしていくことが大事なのです。
ところが、思いのなかの憎しみとか恨みとかいうものは、これはじつは時間を越えて、いつも「現在」しかないのです。過去のものにはならないのです。現在ただ今のものとなるのです。ですから、そううものを持っていると、どうしても幸福な方向へは向いていかないのです。これが、人間がなかなかわからない、たいへんな事実なのです。」

 -----「人生の王道を語る」 第3章 人生の再建 より

ご訪問ありがとうございます。ブログを綴っていると、楽しいことも多いですね。
以前から、拝見していたブログ主の方々の足跡を見つけたとき、まるで少女の昔に還ったみたいに胸をときめかせています。
また、党員、会員ではなさそうな方の足跡を見つけたときは、すごく嬉しい気分になります。そして、何より、応援ブログの方たちの仲間の輪が増えていくことに、喜びを感じます。

さて、今日のタイトルを見られて、「何それ~?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、この「恨み心で恨みは解けない」という仏教の言葉は、個人においても、組織においても、国家においても、通じるものがあると思い取り上げてみました。

先日、「天皇陛下ご即位20年」を迎えられたことに際し、いろいろな式典が催されました。
ご即位20年、政府主催記念式典での天皇陛下のお言葉 - MSN産経ニュース
「 天皇陛下在位20年休日法案」も廃案になり、平日のなか、天皇陛下の即位20年をお祝いし、多くの国民が記帳に駆けつけられました。

人気ブログランキングへ

信念こそが、未来を開く鍵である

悪い未来を心に描くなかれ
「悪い未来ばかりを心に描いて、深層心理でそれを求めていないでしょうか。
そういう集団心理ができていないでしょうか。
それを、一度、チェックしていただきたいのです。
民主主義は、良識が支配してこそ機能するものです。すべての人が恐怖を心に描いたならば、素晴らしいものが現れてくることはありません。人々の心が実践を生み、その実践が世界をつくり出していくのです。したがって、あなたがたは恐怖に打ち負かされてはいけません。」

    -----「国家の気概」 第5章 夢の未来へ より

日本国民の将来に影を落としていた「外国人参政権付与法案」の、今国会への提出が見送られることになりました。
参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く - MSN産経ニュース
見送られたというだけで、これからも予断を許さない状況です。民主党は、次期国会に提出の構えだということですが、提出する前に、民主政権は、直ちに解散し、「闇法案」のすべてを「マニフェスト」に載せ、総選挙で再度民意を問い直して欲しいものです。

さて、ここのところ、不安なニュースばかりが続き、今週に入り、何かに追われるように記事を書いてしまいました。暗いことばかり考えていると、心身とも疲れるので、昨日は早々に寝て、頭と心をリフレッシュしました。
今一度、原点に戻り、「明るい未来」を描きながら、焦らずにブログを綴りたいと思います。
というわけで、今日は「ブログを始めて気付いたこと」を交えながら、綴らせていただきたいと思います。

ブログを始めて1ケ月が過ぎました。
試行錯誤の果てに、いろいろなことが少しわかるようになってきましたが、まだまだ、
知らないことが多く、新しいことの発見の毎日です。

人気ブログランキングへ

今の政治状況は明治維新前夜と似ている

「政治のいちばんの基本は、やはり、国民の生命、安全を守ることです。
これが、まず第一です。それに付随して、もちろん、財産等を守ることも大事ですね。
翻って、「明治維新がなぜ起きたのか」ということを考えてみれば、「その理由は、
ひとえに国防問題にあった」と言ってよいのです。-中略
それで、「幕府に国防ができるのか」という国論が沸騰し、それが十年、二十年と続いたわけです。もちろん、幕府も内部改革をし、優秀な人材を登用して対応しようとしたけれども、いかんせん、海のなかの島国であるから外国に攻められることもなく平和を満喫していた日本は、三百年の太平の眠りのなかで、平和ぼけをしていた状況であったのです。これは、まさしく、第二次大戦後の日本と同じですね。
「憲法九条を守って平和を唱えておれば、外国から攻められることもないし、万一のときには、アメリカが日米安保条約に基づいて守ってくれるから、国防については、まったく考えなくても安心できる」ということで、世襲議員たちは、老舗の旅館のようなつもりで、職業としての政治家を連綿とやり続けてきたのです。」
 
 -----「政治に勇気を」 第2章 諸葛亮孔明の提言より

韓国と北朝鮮の海軍が10日、7年ぶりに交戦したという報道がありました。
北朝鮮は6月に、北朝鮮紙で、「前面戦争は時間の問題」と韓国に警告しています。
北の意図的挑発か? 南北海軍銃撃戦 士気高まった韓国軍 - MSN産経ニュース
「全面戦争は時間の問題」 北朝鮮紙、韓国に警告 - MSN産経ニュース(6/6付)
遥か彼方の国の話ではありません。
日本海を隔てた向こうの国で、日本に一番近い国で起こっている出来事なのです。
北朝鮮は、今年になって何度もミサイルを発射し、今なお、着々と軍備を整えています。
国防をまったく考えていない民主政権。
日本は、ほんとうに、このままで大丈夫なのでしょうか?

人気ブログランキングへ

「外国人参政権付与反対要請書」 FAXお願いします。

11/6の記事で、外国人参政権付与法案の怖さを書かせていただきました。
私も、「参政権反対FAX」を、既にさせていただきました。
多数の国民の反対がないと、この法案を潰せません。
日本国民の主権を守るため、日本の国益を損ねないため、断固反対しましょう。

外国人参政権付与反対・要請書サンプルは下記より入手可能です。
また、FAX番号一覧も併せてありますので、よろしくお願い致します。

緊急拡散「参政権反対FAX 」宜しくお願いします。

水間条項: 【11-07】緊急拡散「参政権反対FAX 」宜しく!

民主党は、請願書郵送分と「10・27」の当日分を合わせて、8万通以上になっていることを知ってか、政府法案として提出ができなくなることを察知し、当初、議員立法を認めないとしたことを撤回してまで「外国人参政権付与法案」を、今臨時国会に提出する決定をしました。
民主党のマニフェストに記載されていない「外国人参政権付与法案」は、国体破壊勢力と外国が結託した闇法案です。
昨年の「国籍法改悪」から一年、今回は準備万端整っていますので、覚醒しているインターネットユーザーの皆様の総力を結集して、慌てず確実に「国体破壊法案」を撃破しましょう。
日本人の底力の見せどころです。
「10・27」に駆けつけて戴いた5,000名の力だけで、「外国人参政権付与法案」は潰せます。
(「水間条項」より一部転載)

↓ 応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

国家の三要素-「領土」「国民」「主権」

「国家には三要素があります。それは、「領土」「国民」「主権」です。
この三つの要素を、いちおう持っていなければ、国家とは言えません。
これは国家論の初歩です。」

 -----「国家の気概」 第3章 気概について-国家入門 より

民主鳩山政権が唱える「友愛政治」
政権発足間もないうちから、危うい政策、法案が飛び交っている。
日本国民の未来は、今現在、この理念先行型の政権に委ねられている。
この政権の理念の正体は、一体如何なるものなのだろうか・・・。
民主鳩山政権は、「日本に迫る国家存亡の危機」を理解しているのだろうか。

戦後日本は、奇跡的な復興を遂げ、「経済大国日本」と言われるほどの国家になりました。
そして、日本列島と呼ばれるその小さな島々の集まりから出来ている「領土」において、
周りの国から侵略されることもなく、独立国家としての道を歩んでまいりました。

人気ブログランキングへ

国民を守る意思がないのは「主権」の放棄

「国家であるならば、国内のことについては、あるいは、国として意思決定できることについては、やはりその国が決めなくてはなりません。それは主権の問題です。
例えば、自国の予算を外国に編成されるわけにはいきません。自国の予算は自国で決める。
それが主権です。
また、防衛も、もちろん国の主権の問題です。領土と国民を主体的に守る気があるのかどうかということも、大きなテーマだと思うのです。もし守る気がないのなら、それは主権を放棄しているのとほとんど同じです。
--中略 
例えば、北朝鮮による拉致問題についても同様です。あれは、「日本国民をさらった」ということを、北朝鮮自身が国家レベルで認めたわけです。日本国民をさらったのがUFОなら、これは手が出ないでしょうが、「北朝鮮が日本人をさらった」ということを、はっきりと金正日が述べたにもかかわらず、これに対して、日本は、ほとんど何も出来ない状態です。
これで国家といえるでしょうか。主権は明らかに害されています。自国の国民がさらわれても、何も出来ない状態なのです。これには問題があります。」

 -----「国家の気概」第3章 気概について-国家入門 より

北朝鮮賠償金肩代わりも 拉致被害者支援で政府 - MSN産経ニュース
この案は、どういう経緯で浮上してきたのでしょうか?
このニュースを見て、違和感を感じたのは、私だけなのでしょうか?

「拉致被害者支援で、本来北朝鮮が支払うべき「損害賠償金」を国がいったん肩代わりし、
一時金として支払う案が政府内で浮上している。
北朝鮮が支払いに応じる見通しがないとの判断も背景にある。」(一部抜粋)

拉致被害者の方々、そしてその家族の方々のご心痛は、私には推し量ることが出来ませんが、この案を、どういう気持ちで受け止められたのでしょうか。
新政府としての交渉は、もう済んでしまったのでしょうか・・。

人気ブログランキングへ

外国人参政権付与法案提出! 「外国人の生活が第一?」

臨時国会で「外国人参政権付与法案」を民主党が提出するという。えっ?本気?
民主党は何故、そんなにも「外国人参政権付与法案」にこだわるのでしょうか?
外国人の票が欲しいから?外国人からお金をもらっているから?
それとも一足飛びに、「日中朝韓併合」を目指しているから?(ありえない・・)
民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で - MSN産経ニュース
私は、外国人の方を差別する気持ちはありません。
けれども、これは「人の差別の問題」ではなく、「日本の国の問題」だと思います。

日本には韓国人・朝鮮人の特別永住者の方が、40万人も住んでいます。
これは、世界の中でも特殊な状況にあると言えます。
「特別永住者」とは、1991年(平成3年)11月1日、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(入管特例法)の施行により、
戦前(1945年(昭和20年)9月2日以前)から引き続き日本に居住している平和条約国籍離脱者(韓国・朝鮮人及び台湾人)と、それらの人たちの子孫を対象に定められた在留の資格です。
また、2008年末現在の日本における外国人登録者数は、
「中国 655,377(29.6%)」「韓国・朝鮮 589,239(26.6%)」
「ブラジル 312,582(14.1%)」「フィリピン 210,617(9.5%)」
「ペルー 59,723 (2.7%)」「米国 52,683(2.4%)」
「その他 337,205(15.2%)」「合計 2,217,426(100%)」です。
登録者数の構成比を見ると、驚くことに、「中国・韓国・朝鮮」の方の人数の割合は、実に外国人登録者数の過半数を超えています。
人気ブログランキングへ

「大きな政府」を目指す民主党政権では、やがて税率は上がる

「幸福実現党は、政策として、「今は5パーセントである消費税を廃止します」と言っているので、マスコミにも一般の方にも、「財源をどうするのですか」と言う方は多いのですが、このように考える人は、すでに政府に洗脳されているのです。
政府が、いつも、「財源、財源」と言うので、国民はいかにも財源が大事なのだと思うのですが、これは責任転嫁なのです。
国民は、すでに洗脳されていて、「財源なるものがなければ、もう、国は、やっていけないのだ」と思わされているのです。
--中略 
民主党は「4年間は上げない」と言っていますが、いずれ上げる気ではあると思います。民主党は「大きな政府」を目指しているので、やがて税率は上がるはずですが、それでは、"一揆"が起きます。当然のことです。」

 ---「夢のある国へ 幸福維新」 第1章 大減税による「景気回復」を より

政府は、自分たちの運営責任、経営責任を国民に責任転嫁し、国民から税金を絞りとってきました。そして、現鳩山政権は、その無意味な政策の数々に於いて、国民から、今まで以上に税金を絞り取る「大きな政府」を目指しています。


幸福実現党の立党がなければ、私も、政府に洗脳され続ける、国民のままだったでしょう。

人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示