この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国漁船軍団が大量密漁中に異例の日中首脳会談。その直後の衆院解散。安倍総理が国民に問う信とは何か ? 『小笠原諸島に現れた中国漁船が意味するもの』

酒井-結局、「尖閣の問題は、双方異なる見解を有する」と認めたことは、経済的な取引ですね。

ですから、向こうは、小笠原諸島辺りにも船をたくさん出してきて、「どこの島だって取れるんだよ」と、事実上、威嚇してるわけだよね。 
里村-
タイミング的には、誰が見ても、首脳会談前にやってきています。小笠原諸島に仕掛けてきていますからね。日本が強く出られないのを、きちんと分かっていて、やっているのですから・・・。

「尖閣だけを守ってたって、ほかの島だって取れるんだよ」と言っているんですからね。
酒井-
「日本の危機」と言いつつも、今、あなたが日本の危機を生み出しているのですよ。

うん。だけど・・・。
酒井-
"国を売ろう"としているのは、あなたの判断です。

でも、次はそれをやるとしたら、もう憲法体制を変えるしかないので。集団自衛権だけで、もう守り切れない部分が出てきつつありますからねえ。
里村-
ただ、ここまで中国の言うことを呑んでいて、憲法改正なんか絶対にできないです。ありえないですよね。
    -2014年11月10日 公開霊言
    ----「安倍総理守護霊の弁明」 4.安倍総理守護霊の真意を探る より

11111458_5461a58562554.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、長いこと休んでしまいました。
夏以降、身辺も騒がしく、相変わらずバタバタしておりましたが、
夏が終わって、秋になって、少し落ち着いたので、少しづつ、
記事を書いてはいたのですが、書き進めると、次の書籍が届き、
また、書いていると、また、次の書籍が届く。
しかも、何冊も・・・。
もう、読むほうが忙しくて、書ききれず、記事をいくつかボツにしてしまいました。
いやはや、もう、ど う に も 止 ま ら な い ~ ♪ 書籍の発刊  !

はい、ということで、前回記事更新後の書籍のご案内をば。
すごい数です・・・。

07171504_53c7676b9c961.jpg  07151323_53c4acb896cd6.jpg  07231820_53cf7e65ac4c7.jpg  07252002_53d2394085d94.jpg

07311518_53d9dfc345a3f.jpg  07301640_53d8a189d7840.jpg  08121236_53e98bbbe9d23.jpg  08131951_53eb434ba48e1.jpg

08051705_53e09047f16aa.jpg  08151429_53ed9aad62a8c.jpg  08151450_53ed9fadcd218.jpg  08191517_53f2ebefa394b.jpg

08221457_53f6dbc20a433.jpg  08211607_53f59aaa2c855.jpg  08211515_53f58e955d2a3.jpg  08211516_53f58ed539a1f.jpg

08211517_53f58f0fb5989.jpg  08211518_53f58f4e2b4d0.jpg  08211519_53f58f8636fd4.jpg  08131502_53eaff932938d.jpg

08151501_53eda23662b42.jpg  08151505_53eda3178e0d2.jpg  08151511_53eda4a12bf45.jpg  08151519_53eda65f817b0.jpg

08191258_53f2cb5baa9a5.jpg  08191259_53f2cb88bccb2.jpg  08191259_53f2cbb2beae4.jpg  08191300_53f2cbede3b53.jpg

08231801_53f85851cf4fe.jpg  08211607_53f59aaa2c855.jpg  08271544_53fd7e67bb773.jpg  08281610_53fed5ef34c5f.jpg

08301407_54015c0e1e6ba.jpg  09021847_54059220b921e.jpg  08281617_53fed775ccb86.jpg  08311504_5402bae4aeb47.jpg

09031511_5406b11b608b2.jpg  09031532_5406b5f5d4cdc.jpg  09041604_54080ef73d314.jpg  09041616_540811e4603ea.jpg

09061334_540a8ebb388ce.jpg  09071328_540bdeec6b84b.jpg  09121550_541297b672191.jpg  09181536_541a7d8a78ac9.jpg

09181346_541a638cca122.jpg  09241412_542252adcb329.jpg  09231816_54213a6a99898.jpg  09201327_541d023ddfaae.jpg

09261451_5424fedd330fb.jpg  09281815_5427d1990c40e.jpg  10021750_542d11e3d3cff.jpg  09301419_542a3d49201ec.jpg

10041356_542f7e0cea885.jpg  10101431_54376f4392051.jpg  10141726_543cde47b8473.jpg  10161652_543f793bead61.jpg


10181535_54420a2736837.jpg  10211824_54462640135aa.jpg  10241434_5449e4dec56f5.jpg  10281538_544f39d2e2b5b.jpg

10141502_543cbc922bd94.jpg  10231837_5448cc664d5b4.jpg  10291918_5450bf017be30.jpg  10302029_545221033bcd5.jpg

10312018_54537015cb684.jpg  10312023_5453712566154.jpg  10301612_5451e4f1210ea.jpg  11012114_5454cec18565f.jpg

11052026_545a094d59aa5.jpg  11052037_545a0c15f16d4.jpg  11111433_54619fc2cd6cd.jpg  11111451_5461a3d780508.jpg

11071638_545c770f65770.jpg  11071611_545c7095633b6.jpg  11121545_5463020ae395a.jpg

幸福の科学出版公式サイト

はい、7月から現在まで発刊された書籍です。
ちょっと、モレてる分があるかもしれません。
読んでも読んでも次から次へと届く書籍。
これからも、しっかり書籍を読んで勉強させていただきます。

あっ、内村鑑三さん、またまたまた登場ですが、
その凄い厳しさに質問者の方々もボロボロ。
でも、不謹慎ながら、面白すぎて、3度も読んでしまいました。
皆様も、ぜひ、ご一読くださいませ・・・。

さて、今日は、最新刊の「安倍総理守護霊の弁明」のなかから、
いくつかテーマを選んでみました。

人気ブログランキングへ

日本よ、国家たれ ! 日本人よ、早く武士道精神を取り戻せ ! 「従軍慰安婦の強制など「ありえない ! 」 『日本軍に所属した経験から出る「日本に対する真実の言葉」』

『あんなバカげた話をねえ、まともにする外国があるっていうことが、私は、本当に、心外というかねえ。まあ、良心のある、良識のある人の発言ができないのかと思って、本当に残念な思いでいっぱいですよ。

「二十万人もの人を強制連行し、軍に付属させて連れて回った。日本人は、アヘンの注射までして、少女暴行し続けた」なんていう・・・。
こういうことを言うやつは、日本刀でぶった斬ったほうがいいよ。あのねえ、許せんわ。
私は、日本軍に所属した者として言うけど、ありえないことですよ。こんなことは、断じてありえない。

いや、本当に、靖国に祀られている、あの・・・・、(涙ぐみながら)あなたがたの先祖に対して、「申し訳ない」と思わなきゃ駄目ですよ !
本当に !

お国のために、一生懸命、戦って、守った人たちです。
私たち台湾人も日本の統治下に置かれたけども、そのおかげで、台湾は、戦後、豊かで、安定的で、平和な国を享受することができましたよ。中国なんかに支配されてたら、大変だったと思いますよ。

台湾と北京政府との経済格差が、ものすごく開いたために、もう日本だけのせいにしていられなくなって、やっと、鄧小平以下、方針を変えたんでしょう?
だから、やってたことは日本のほうが正しいんですよ ! 』

-2014年2月13日 李登輝守護霊の霊言
「日本よ、国家たれ ! 元台湾総統 李登輝守護霊 魂のメッセージ」
     3.従軍慰安婦の強制など「ありえない ! 」 より

李登輝(1923~)
台湾(中華民国)の政治家、農業経済学者。元台湾総統。日本統治下の台湾に生まれ、京都帝国大学農学部に入学したが、学徒出陣で出征。終戦後は台湾大学農学部に編入学した。卒業後、アメリカのコーネル大学等に学び、博士号を取得。その後、政界に進出し、台北市長等を経て、台湾総統に就任。1996年には史上初の直接選挙での総統となった。日本語に堪能な親日家。『台湾の主張』『最高指導者の条件』等、日本での著作も多い。


02201352_53058a297c265.jpg


ご訪問ありがとうございます。
ほんと、お久しぶりでございます。
と・・、もう、このブログも忘れられているかもしれませんね・・。

いや~、すみません。
昨年11月に更新したあとに、母の容体が悪化しまして、
昏睡状態がしばらく続いて、そのまま息を引き取ったんですよね。
それで、ちょっと落ち着かない日々が続いて、年が明けたのですが、
年明け早々、ちょっと有り得ない事故に遭いまして、
肋骨やら腕やら足を痛めまして、通院の日々を過ごしておりました。

いや~、リハビリの先生からは、
「ジャッキー・チェンがアクション失敗しても、
こんなに何か所も怪我せぇへんわ~」と笑われるし、
家族からは、「毎年、毎年、よくそんな怪我ばっかしてるな~」
とあきれられるしで、ほんと、情けない限りです。
でも、「今回は、不可抗力や~。突進されて怪我したんやから、
仕方ないやろ~」と、反論しました・・。笑

まあ、でも、怪我をしても、仕事はほっぽれないし、
父もほっとけないし、孫の世話や家事を休むわけにもいかないし、
ちと辛い日々でした。
ということで、なかなか更新できなかったのですが、
痛みも少しマシになってきたので、やっと、
キーボードも両手で打てるようになってきました。

まあ、でも、あまり長い間打てないので、ぼちぼち、
そろりそろりまた書いていきたいと思います。
遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します。

さて、今日も書籍のご案内からはじめたいと思いますが、
え~、この4ケ月の間に、一体、何冊発刊されたのでしょうか・・。

人気ブログランキングへ

たかが電気 ? されど電気 ! ニューヨーク在住の坂本龍一さん。反原発運動は、アメリカでしてね。 『「放射能汚染」よりも「節電」による死者が多い現実』

『この一年間、「福島原発で事故が起きた」と、マスコミが騒いできましたが、少なくとも、それによって直接的に死んだ人がいるわけではありませんのでね。

それどころか、政府が「節電」を呼びかけて節電運動をしたために、正直にそれを守って、暑いなか、クーラーを消して我慢していたお年寄りたちが大勢なくなっています。一日に何十人も亡くなった日もあったぐらいです。今年の夏も、おそらく、熱中症が原因で死ぬ人は、たくさん出てくると思います。現段階では、「放射線ですぐ死ぬ」ということはありえませんが、「熱中症で死ぬ」という人は確実に出てくるでしょうね。

たぶん、今年も、だいぶ"殺し"ますよ。


釈 熱中症では毎年、何百人も死亡していて、特に記録的な酷暑だった一昨年は千七百人以上亡くなりました。去年も、相当の数、亡くなられたと思います。

そうですね。でも、そのときに、マスコミは、少しは報道しますけれども、あとになってからは言いませんよね。黙っています。そのときだけ少し言って、あとはフォローしないんです。』
   -2012年5月8日 大川総裁と釈量子青年局長との対談(釈青年局長部分は一部削除)
   ---「猛女対談 腹をくくって国を守れ」第4章 国論をリードし続ける幸福の科学 より

06212206_4fe31c5ec29fb.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、あまりの暑さに、記事が全然進みませんでした~。(イキナリ言い訳。笑)
はい、いつのまにやら梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑の日々。
ふぅ・・高齢者と老犬を抱える我が家は、ちと、まいっています。

まあ、これは、毎年痛感するのですが、夏場の高齢者の体調管理は難しい。
その上、高齢者は、年々、衰えていきますからね。(当たり前?)
はい、でも、そんな高齢者より、炎天下にチャリで激走し過ぎて、
私のほうが、暑さでバテ気味の今日この頃です・・。(はやっ!)

さて、余談はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
今年は、例年より、猛暑になりやすいと言われていますが、
既に、熱中症の方の数も、急増しているみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

消費税増税法案衆院可決。二大政党制は夢も希望もない、増税をかけるための二大政党制だったのか? 『日本はイギリス型の二大政党制に向かっている?』

『日本は、二大政党型を目指したんだけれども、その二大政党が、イギリスの「保守党」対「労働党」のようなものになっているのかもしれない。

アメリカの政権交代と違って、イギリスでは保守党と労働党が交替したことで、「英国病」というものが流行りました。「保守党のときには自由にやれるが、労働党になったら企業がどんどん国有化されて、ガタガタになっていく」という繰り返しをやった結果、イギリスが弱っていき、「サッチャー革命」が起きましたよね。

日本も、そういうイギリス型の二大政党制に向かっているのではないかという感じがします。JALのあとは、東電の国有化が起きようとしていて、どんどん国有化しつつある。経営が分からない人は、すぐに国有化しようとし、いくらでも税金をつぎ込める体制をつくろうとするので、怖いんですよ。

イギリスの社会保障費をぶち切ったのは、マーガレット・サッチャーですよね。彼女は、悪評をずいぶん受けながらも、「サッチャリズム」を十一年やり、「福祉国家は国を衰退させる」ということで社会保障を削った。
さらに、教育費も削ったもんだから、学校関係者からは、もちろんブーイングでしたけども、今の民主党の幹事長は、日教組の親分みたいな人で、教育関係はほとんど聖域でしょうから、基本的に削る気はないと見ていいでしょうね。
-中略
でも、その先がないんですよね。自民党にしたって、やはり、増税路線は一緒だし、民主党だと、今の人に辞めていただいても、どうせ、また次の人が出てくるでしょうが、どんな欠陥を持った人が出てくるのか、ちょっと怖いところがありますよね。

まあ、夢も希望もない二大政党制になってしまいましたね。昔は、憲法改正のために二大政党制をつくりたかった人もいたんだけど、今は、「増税をかけるための二大政党制だったのかな」という感じですね。』

     ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
            第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。

いや~、ちょっと、足の指が腫れ上がって、歩くのも困難になっていたので、
先週、思い切って、限界に達した足の親指の手術をしたのですが、
手術をしたら楽になるかと思いきや、10日経っても血が止まらず、
痛みも和らがずで、ひたすら通院の今日この頃。
そんなこんなで、なかなか、記事に集中できませんでした。

と、恒例の言い訳はこれぐらいにして、今日はまず幸福実現TVをご覧くださいませ・・。

「増税が招く日本の滅亡」 幸福実現TV 第67回


はい、あえばさん、今回はマジで怒られてましたね。
消費税増税は、消費停滞、景気低迷を招き、失業者、企業倒産は増加。
そして、税収は減少するんですね。

税収が減少したら、また、政府は、税率を上げるのでしょうかね。
そんなことしていたら、延々と、増税が繰り返されますね。
そして、国民は、どんどん貧乏になり、税金も納められなくなりますね。
そしたら、もっともっと国家は衰退していきますね。
はぁ・・今は、増税ではなく、まず、景気回復ですよね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
石原節、相変わらず健在ですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

国民無視、談合政治で決める消費税増税。橋下市長持ち上げにご執心の多くのマスコミ。日本の政治・マスコミはもう腐ってる?! 『橋下徹は宰相の器か-後編』

「持ち上げて落せるタイプ」を求める日本のマスコミ
『橋下さんの「大阪維新の会」は、何か危ない感じですねえ。ああいうタレント風のドタバタがやれる人は、マスコミ受けして記事になりやすいから面白いでしょうけどね。以前の宮崎県知事の方に続いて、まあ、似たようなキャラですが、この国のマスコミは、もう腐っていますよ。もう駄目です。

基本的に、彼らは、何というか、持ち上げて落とすことで、売り上げをダブルにできるタイプの人を求めているんでしょうね。 
-中略
ああいう橋下さんのような人は、上げるだけ上げてから落とすと、売り上げがすごく出るので面白い。彼は口が立って、ギャアギャア言うから、いいんでしょうけど。

まあ、日本のマスコミも落ちたもんですねえ。ずいぶん落ちたもんだと思う。政治家のほうも、それは先刻承知なので、政策的ではない部分で国民を動かそうとして、国民の感情の部分を操作しようとしている。そういう意味での怖さのようなものはありますよね。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
            第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、ここのところ仕事もはかどらず、記事も進まず、
なんか、ボーッとして、ちょっと体調が悪いのかなと思っていましたが、
ふと温度計を見ると、なんと、私の部屋の温度は、30℃を超えていました。

ふぅ・・暑かったんですよね。
だから、何もやる気が起きなかったんですよね。(と、責任転嫁。)
ということで、今日、今年はじめて、冷房を入れてしまいました。
やっぱり、脳をスッキリさせなきゃだめですね・・。

さて、脳と言えば、先日、また、脳死の状態で、家族が臓器提供承諾して、
臓器提供手術が行われたとの報道がありましたね・・。
【6歳未満脳死判定】「体の一部となって長く生きてくれる」 臓器提供承諾の両親 - MSN産経

はい、今回は、なんと、6歳未満の子供の脳死判定なんですね。
そして、そのご家族が、臓器提供を承諾されたと・・。
なんとも、痛ましいニュースです。

私は、脳死・臓器移植の件については、以前、二回記事を書きました。
脳死による臓器移植の真相-脳死者は臓器を取られると驚愕する 2010.8/20記事。
ほんとうの死とは何か-「唯脳論」は新しい唯物論 2010.9/5記事。

はい、脳死は人の死ではありません。
脳死状態では、心臓も動いているし、血液も流れています。
この世的に見ても、まだ、死んでいないのです。
そして、霊的に見ても、心臓が動いている状態では、
まだ、「自分が死んでいる」と思う人はいないのです。

そんな状態で、臓器を取り出したら、自分は死んでいないと思ってるのに、
臓器を取り出されたら、そして、そのことにより、死に至らしめられたら、
いったい、その人は、どんな気持ちになるでしょうか。
自分がまだ生きているのに、臓器を取られたら・・。

臓器提供に承諾されたご両親は、自分の子供が、他の人の身体の中で、
長く生きてくれるとの思いで、子供さんの臓器提供に承諾されようですが、
その臓器を取られる子供さんの心、魂が傷つくことを考えておられないようです。

人間の魂は、死んでも残ります。
もし、生きたまま、臓器を取られたら、その恐怖で、その驚きで、
その怒りで、スンナリあの世へ還れなくなってしまいます。

他の人々を救いたいという気持ちは、とっても崇高なものだと思います。
だから、ご自身が、他の方を救いたいという気持ちで、
臓器提供に承諾されるのであるなら、別に、私はとやかく申しません。
でも、本人が承諾していないのに、家族の承諾で、臓器提供が行われるということに対して、
私は、なんともいえない憤りと哀しみを感じます。

ほんとにう子供を愛しておられるのなら、子供がスンナリと、
あの世に還れるようにしてあげるのが、親の務めではないでしょうか。
霊的真実をもっと知っていただきたい。
生きたまま、臓器を取られて殺される人が増えないようにと祈るばかりです・・。

脳死臓器移植、6歳未満で初の事例 霊的真相を知らねばならない | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党

さて、今日もニュースを少し拾ってみました。
日本の政治も、もはや、地に堕ちたようですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

税金集めてばら撒く。年金使い込み。財政赤字の責任は日本政府にあり ! 消費税増税で更に膨らむ財政赤字 ! 『社会保障費増大の元凶は厚労省と文科省 』

『国のほうが、この体たらくではね。
でも、本当に財政赤字を減らそうとするんだったら、それこそ、JALと同じことをやらなければいけないはずですよ。はっきり言えば、社会保障費が増大している元凶のところを縮小するか、あるいは外すかしなければいけないでしょうね。

つまり、厚生労働省だとか、文部科学省だとかは、「売り飛ばしてしまえ」と言うと、少し御幣があるかもしれませんが、もう民営化してしまったらいかがでしようか。全部が無駄だとは思わないけども、シンクタンク(民間の研究機関)のようなものでよいのではないでしょうかね。例えば、厚生労働関係の研究をするところとか、文部科学関係の研究機関とかはあってもよいと思いますが、要するに、「民間でも構わない」ということですね。

こんな役所があるために、お金がたくさん出ていっているんだったら、たまらないですよ。このくらいは切らなければいけないでしょう。もし、財政規律を強調し、「国債のほうが税収を上回っていて、年間予算の半分以下しか税収がない」と言うのであれば、それはやるべきでしょうね。

文部科学省を民営化するメリットとしては、日教組の部分があります。全国最大規模の圧力団体として、日教組をはじめとする公務員団体があり、安定を求めて学校の先生になっている方がいらっしゃいますけれども、教育を国営ないし公営でやるのは最小限のところだけにして、あとはもう、民間にほとんど開放してしまうことでしょうね。』

       ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
             第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、なかなか記事が書き切れませんでした。
なんか、ここ最近、目の痙攣が激しくて、その上、
パソコンの画面を見ると、目がシバシバして、
長い間、画面を直視できなかったんですよね。

そして、そんな症状をリハビリの先生に何気に話したら、
「もしかしたら、カキンチョウじゃないか」と言われたんですよね。

へっ?夏金鳥?
思わず、私の脳裏に、そんな文字が浮かんでボケをかましたら、
「過緊張 ! あんたはKINCHOのまわしもんかいっ ! 」と突っ込まれました。
いや、私は、アースノーマット派です。笑

さて、冗談はさておき、今日はまず、書籍のご案内から。
前回の記事で、橋下さんの公開霊言の告知をさせていただきましたが、
な、なんと、もう、6月4日に、書籍が緊急発刊されるみたいですね・・。
はやっ !

05251539_4fbf292c16282.jpg

徹底霊査 橋下徹は宰相の器か
希代の風雲児か?
ただのパフォーマーか?

マスコミが「次の総理」と持ち上げる
橋下徹大阪市長の本音に迫る!

舌鋒するどく斬りまくる政界の若きヒーローに、
混迷するこの国の未来をまかせても大丈夫なのか!?
公開霊言の場に彼の守護霊を招き、
全国民の期待と疑問のすべてをぶつけてみた。

【橋下徹大阪市長守護霊インタヴュー】
・橋下徹大阪市長を霊査する理由
・政治家として目指しているもの
・橋下徹氏の「過去世」に迫る
・他の政治家や政党との関係
・マスコミを操縦する方法
・幸福実現党との共闘の可能性
・「政治的信念」の検証
・橋下徹守護霊との対話を終えて


はい、橋下さんの過去世が気になっている人が、けっこういるようですね。
でも、あまり期待すると、ガクッとくるかもしれませんね。(ガクッ !)

あっ、橋下氏の本音は、ザ・リバティweb でも、少し明かされていますね。
橋下徹の本音―ポピュリズムと地域主権の罠― | The Libertyweb Topics

あはっ、知事-市長-国政と、旅芸人座長の感覚で、
橋下さんは、渡り歩いて行くつもりなのでしょうかね。
はい、果たして、橋下徹は宰相の器なのでしょうか !
ぜひ、ご購読くださいませ・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
旅芸人と言えば、芸人のお母さんが、生活保護費の不正受給をしていたと、
先日から、国会やテレビ、ニュース、ネットで大騒ぎになっていましたが、
そもそも、この生活保護費を増大させているのは、厚労省なんですよね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

税・予算を盾に、マスコミ・警察をも脅す財務省 ! 『財務省の傀儡と化している民主党政権』

『最近の流れを見るかぎり、財務省は自分たちの傀儡政権をつくろうとしてきているようです。
野田さんは、初めて財務副大臣に就任したあと、菅さんの後任として財務大臣になり、 そのあと、総理大臣になりました。閣僚経験があまりないにもかかわらず、あっという間に総理大臣にまでなってしまったのです。

そして、後釜の財務大臣に持ってきたのはNHK出身の安住さんです。彼は事務次官より十二歳も年下で、四十代後半の若い人ですが、あまり経済は詳しくなさそうです。
こういう人たちを総理大臣や財務大臣に据え、財務省の傀儡政権をつくろうとしている流れが、はっきりと見て取れます。

これは、「財務省の言うことさえ聞けば、総理大臣にだってなれる」ということを示しているのでしょうが、民主党政権が発足当初に打ち上げた、「脱官僚・政治主導」という理念とはまったく正反対の状況であり、自民党政権のときよりも情けない感じがします。自民党は、ここまで情けなくはなかったと思いますが、民主党は官僚に簡単に牛耳られているのです。

これは、ほとんど情報力の差の問題だと思います。
「脱官僚・政治主導」と言いつつも、財務大臣に就任した人が初登庁をし、財務官から経済に関するレクチャーを二時間ほど受けたら、もう、その段階で"官落ち"しているのではないかと推定されます。

そのレクチャーの間に、新しい大臣に対して、「自分はいかに無知であり、何も分かっていない」ということを知らしめて、一撃で倒してしまい、「財務官僚から情報をもらわないかぎり、もはや大臣としての仕事はできない」ということを悟らしめるのが彼らの手なのです。いつもそれをやっていると思われます。

そして、野田さんは、「ただただ財務官僚の言うことを聞いていたので、総理大臣にもなれた」と思っているでしょうし、安住さんも、同じようにくすぐられていることであろうと推定します。
財務省は政治家たちを手のひらの上で動かしているつもりでいるはずです。』

    ---「財務省のスピリチュアル診断」-増税論は正義かそれとも悪徳か
         第1章 1.財務省の「増税論」は本当に正しいのか より

H7020.jpg

ご訪問ありがとうございます。
早いもので、もう、3月も中旬になってしまいましたね。
一週間ほど前は、ちと暖かくなってきたなどと言っていましたが、
その後、また寒さもぶり返し、肌寒い日が続いていますね。
まだまだ、この冬の寒さは続くのでしょうかね。
季節の変わり目に、みなさま、風邪など引かれませぬように・・。

さて、またまた久しぶりの更新で、今回は、いつもより、
更に気合が入り過ぎて、記事が長くなってしまいました。
はい、最初にお断りしておきます。(スンマセン・・。)

さて、今日は早速ニュースを拾ってみました。
はい、朝刊の紙面のなかで、もっとも笑えたニュースです。(どんな記事やねん・・。)

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

橋下大阪市長は第二の沖縄知事?『地方自治体の首長は国家の主権を侵してはならない』

『それから、沖縄の知事の問題もあります。
本当に、あの人は沖縄を中国の植民地にしたいのでしょうかね。あちらのほうの流れを何か引いていて、「琉球の時代に帰っても構わない」と思っているのかな。

基地に反対だったら、沖縄から引っ越したらいいんですよ。いろいろな所で土地が空いていますからね。日本で沖縄以外のところに移ってもいいし、中国に移ってもいいし、オーストラリアに行ってもいいし、どこにでも行ったらいいんですね。「居住・移転の自由」があるから、移ったらいいんです。

わざわざ、危険な基地のそばに住まなくてもいいと思うんですけど、基地に寄っていき、その周りに家をたくさん建てているではないですか。あれは、おかしいですね。家が基地の近くにあれば、いろいろと補償がつくんでしょう?
ただ、やたらと建てているように見えるんですけどね。
もらえるんでしょう?ごねたら、また何か出てくるんでしょう?

だけど、外交権は、いちおう、国家の主権に属するものであり、これこそ、政府が持っていなくてはいけないものなんです。「一地方の民意によって、それを左右できる。知事の判断によって、その部分が、いくらでも揺さぶられる」ということであっては、問題は非常に大きくなると思いますよ。

国会で、こんなに早く増税法案が通るぐらいだったら、「地方自治体の首長が国家の主権を侵した場合には、その人を罷免できる」という法律でも通してしまえばいいんですよ。

「これと、これと、これで主権を侵した」という場合には、つまり、国民の代表者たちが議論した結果、「問題がある」ということが総意であるなら、その人を取り除いたらいいのではないですか。
外交は国全体の問題ですから、それを知事レベルで全部やるのは、おかしいですよ。』

   ---「国家社会主義への警鐘」 第3章 日本の安全保障のために より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。
早いもので、2月も下旬になりましたね。

「1月行く、2月逃げる、3月去る」とよく言われますが、
ほんと、2月は、逃げるように過ぎて行きますね。
さらに、逃げるように過ぎていく日々とともに、私の記憶も、
最近、逃げるように飛んでいくんですよね。(大丈夫か?)

まあ、でも、過ぎたことをくよくよこだわったり、
変えられない物事を、いじいじ思い続けているよりは、
些細なことは、どんどん忘れ去ってしまったほうが、
心身ともに、穏やかに過ごせるような気がするんですよね。
(物忘れが激しいことへの言い訳?笑)
そして、言葉もどんどん忘れ去って、なかなか、記事が進まないんですよね。
(これは、完全な言い訳。)

忘れることは美徳・・。
あはっ、(自分にも、老化現象が起きているのではないか・・)
という不安に、時々苛まれながらも、物事を、建設的に捉える今日この頃です。
みなさまも、物事を、あまり悲観的に捉えず、建設的に捉え、逞しく生きてくださいませ・・。
(って、それは、建設的ではなく、楽天的や~とのお声が・・。ヘイ、私は楽天家です。)

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまず、幸福実現TVをご覧ください。
先週の幸福実現TVは、年金詐欺の真実を、しっかり暴かれていましたね・・。

幸福実現TV 第49回「増税は必要ない!年金詐欺の真実!!」


はい、年金詐欺の真実を、とっても分かりやすくお話されていますが、
この詐欺の実態を、聞けば聞くほど、怒りが増しますね。
年金積立金を運用し続けて、政府は、多くの損失を出しているんですね。
私たち国民が払い込んだ年金保険料を、政府は、無駄に使い込んでいるんですね。

そして、政府が使い込んだ年金積立金の穴埋めを、
今度は、私たち国民に、増税という形で、負担させようとしているんですね。
でも、このまま、少子高齢化が進んだら、2055年には、
年金保険料を払う人1人が、年金を貰う人1人を支える時代が来るんですね。

さらに、その年金を消費税で賄おうとしたら、2055年には、
消費税が58.8%必要になってしまうんですね。
って、10%になっても、消費が落ちる可能性があるのに、消費税が、58.8%って・・。
はぁ・・もう、何も買えまへん・・。
(って、2055年には、私はもう、この世にいませんが・・。たぶん・・。)

さて、日本の年金制度は、端的に言えば、既に破綻しているということですね。
増税しても、結局、足りなくなったら、また、増税なんですよね。
「社会保障と税の一体改革」などと、聞こえはいいですが、
今の政府は、結局、国民から、絞り取ることしか考えていないんですよね。

国民を富ませることも、国民の将来も、まったく、考えていないんですね。
野田政権は、"超"重税国家への道を、まっしぐらに進んでいるんですよね・・。
【ついき秀学のMirai Vision】政府を頼るのは“超”重税国家への道 - (サンケイビズ)

さて、"超"重税国家を目指す野田内閣は、先日、その問題だらけの、
「社会保障と税の一体改革大綱」を、強引に閣議決定しちゃいましたね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

ほんとにやばいぞ日本 !!! 『民主党も自民党も人材難だし、マスコミは完全な鎖国状態』

『今のところ、現在の日本の政治に関しては、「未来性、展望がない。先行きが開けていない」というのが実情です。
「国難のときのリーダーシップを、どうすべきか」ということが課題ですし、「国を正しい方向に導けるかどうか」が問われています。

自民党も民主党も、もう、大して違わないですよね。今は、ほとんど同じです。
どちらも人材難ですよ。
人材難、思想難で、もう、ほとんど政党の体はなしていないですよ。
だから、何か情報を差し込まなくてはいけないと思う。来年、切り込みたいですね。

また、日本のマスコミは完全な鎖国状態です。「この情報統制状態は北朝鮮や中国と変わりませんよ。アジアの諸国を回っても、こんなことはありません。これは、おかしいですよ」ということを、私は言ってきていますが、やはり、ここを引っ繰り返さないと駄目です。

マスコミに対して、「あなたがたが裏で数多く取り決めているものを、はっきりオープンにしなさい。共産主義国ではあるまいし、きちんとオープンにしなさい。その取り決めの内容が正しいかどうか、国民に検証してもらう必要がある」と言いたいですね。

言論に対しては言論で戦うことが基本なので、小さい戦いかもしれないけれども、今回の対談のようなものを、一つひとつ打ち込んでいくことが大切であり、それが彼らを少しは動かすと考えています。』

    ---「国家社会主義への警鐘」 第5章 自由からの繁栄を目指そう より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、ほんとに、お久しぶりでございます。
気がつけば、既に2月4日、早いですね。
先月28日に母が無事退院しましたが、手術しようにも、
容態があまりよくないので、今は、訪問診療を頼み、自宅療養中なんですよね。

はい、意外に、この母の世話に時間を取られるんですよね。
だから、なかなか、パソコンに向かえないんですよね。(チャッカリ言い訳)
いや~、書きたくて、書きたくて、うずうずしてるんですけどね。(ほんまかいな・・)

それと、一日中トイレ徘徊する父の、2月のショートステイの予約が取れず、
ちょっと、途方に暮れていたのですが、日頃、両親が行ってるデイケアの、
老健施設の相談員の方から、「一時入所の空きが急に出たので、しばらく、
お父様をお預かりしましょうか」との申し出が・・。

うぉ~、渡りに船。
父には申し訳ないけど、母が落ち着くまでは、ちょっと、行ってきてちょうだいね。
徘徊するにしても、老健施設は広いから、運動にもなるし・・。
てな言い訳を、心のなかであれこれしながら、えいっ ! と父は一時入所。
(男だろ ! 泣くな ! って、家も忘れとるがね・・。)

あっ、老健施設は、老人ホームと違うので、永遠と入所はできないし、
洗濯は、自分たちでしないといけないんですよね。
って、今日取りに行った洗濯物には、紙おむつが混ざってて、洗濯機は大惨事・・。

母が退院して、病院通いが終わったと思いきや、今度は老健通い。
はぁ・・でもまあ、洗濯物を取りに行きがてら、
私のことも忘れてしまう父に、足繁く会いに行きたいと思う今日この頃です。
(苦しい私の心とは裏腹に、父は初日から妙に馴染んで、にこにこ徘徊を楽しんでいたとさ。)

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまず、新刊書のご案内から。
□■□2012年2月9日(木)、全国書店にて緊急発刊予定!!『ネクスト・プレジデント』ニュート・ギングリッチへのスピリチュアル・インタヴュー□■□

H7018.jpg

■主な内容
緊急発刊 独占スクープ!
米大統領選の有力候補者、ギングリッチの守護霊インタヴューを敢行。
超大国アメリカを復活させる経済政策と外交方針、そして中国の軍拡と野望を阻止する「アジア戦略」が明らかになる!
ギングリッチ大統領の誕生で、「強いアメリカ」が復活する!


ニュート・ギングリッチ氏と言えば、アメリカ共和党の保守派の政治家で、
大統領候補ですが、このギングリッチ氏の守護霊のインタヴューが、
1月28日に行われ、その内容が、もう書籍になるんですね。

はい、この方が、大統領選に勝てば、「強いアメリカ」が復活するんですね。
ぜひ、中国の覇権主義に負けない強いアメリカになっていただきたい。
ギングリッチさん、頑張ってくださいね・・。
あっ、書籍は2月9日発刊です。
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、共和党と言えば、アメリカ共和党の顧問(アジア担当)になられた、
あえば広報本部長が、幸福実現TVのキャスターになられたんですよね。
こちらも、ぜひ、ご覧くださいませ・・。

★━━━本日2/2(木) 21:00~《新・幸福実現TVスタート!新キャスター:あえば直道広報本部長》【宗教と政治】生放送!(ユースト・ニコニコ配信 第47回)━━━★



「幸福実現TV」がリニューアル!! 新キャスターには、幸福実現党 あえば直道 広報本部長が就任します! あえば広報本部長からはアメリカ大統領選現地レポートも含め、随時、激動の国際情勢もお伝え致します!


いや~、あえばさん、相変わらず理路整然と語られていますが、
なんか、アメリカから帰られて、また一段と、たくましくなられましたよね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
民主党政権が誕生してから、大震災、津波、菅人災、未曾有の台風、大雨被害と、
災害続きの日本列島ですが、またまた、記録的な雪が降ってるみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

増税より、国民に消費を促せ ! 『「国民一人当たり十万円の消費支出」で日本は立ち直る』

『今、「増税をしないかぎり、日本は、絶対に立ち直らない」というような言い方をしているけども、これは嘘ですよ。
まったく増税しなくても、例えば、国民一人当たり、一年に十万円ぐらい余分に消費支出をしてもらえばいいんです。要するに、「税金は取りませんから、その代わりに、何でもよいので、国民一人当たり十万円を使ってください」ということにするわけですね。

一人で生活している人は十万円、夫婦二人だったら二十万円、子供が二人いる四人家族だったら四十万円を使ってくださいということです。一家でファミレスに行ってもいいし、沖縄旅行に行ってもいいし、自動車の修理をしてもいいし、銀座に寿司を食べに行ってもいいし、ユニクロのダウンのコートを買いに行ってもいい。
何でもいいので、とにかく、一人当たり年間十万円を使ってもらうことにするわけです。

これを五年、十年と、ずっと続けてもらえば、経済成長率は、年率3・5パーセントぐらいになるはずです。これでいくと、法人税も所得税も消費税も、全部増収になってきますし、3・5パーセントぐらいの経済成長率であれば、インフレにもなりません。

私が政府を許せないのは、「増税をかける」と言いながら、「二年でデフレ脱却する」と言っていることです。こういう、嘘のような、本当のような、タヌキのようなことを言ってもらっては困るんですよ。
増税をかけながら、どうやってデフレを脱却するんですか。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
   第2章 日本の活力を復活させるには 2.「増税しないと国が潰れるという嘘」 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。
いやはや、なんとも落ち着かない日々を過ごしております。
入院中の母の検査も終わり、いろいろと疾患が発覚したのですが、
そのなかでも、5cm弱の腹部大動脈瘤が見つかったんですよね。

はぁ・・、これ以上大きくなったら、破裂して即死する確率が高いようなんですね。
でも、今年、87歳になる母が、手術に耐え得るか、術後は寝たきりにならないのかと、
いろいろ問題があって、手術のほうも、リスクが大きいんですよね。

おまけに、入院中に転倒して、まったく歩けない状態になっているのに、
入院中の病院の医師から、「今後は専門病院に行ってください」と言われ、
今週末には退院するようにと言われたんですよね。

ふぅ・・そんな母が帰ってきて、世話ができるのか。
痴呆が進む父と、病気で動けない母の面倒を、このまま一人でみれるのか。
などと、ちと不安を覚えながらも、まもなく退院する母の介護、
看護状態を整えるべく、あっちこっち飛び跳ねています。(いや、激走。)

まあ、この世に人間として生まれたら、避けては通れない四苦八苦。
人間として生まれたら、誰ひとり逃れることができない生・老・病・死の四苦。
そして、その四苦に、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦の四苦を加えて八苦。

愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別れる苦しみ
怨憎会苦(おんぞうえく)嫌いな人と会う苦しみ
求不得苦(ぐふとっく)求めても得られない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく)肉体の煩悩が燃え盛る苦しみ
(悟りの挑戦 上巻 P41~参照)

H0143.jpg

はい、人間の四苦の最後に、死というものがありますが、
これは、誰も逃れられないんですよね。
でも、死とは、肉体の死であり、魂は、永遠なんですよね。
だから、肉体が死んで焼き場で焼かれても、心、魂というものは、
あの世に還っていくから、死というものは、この世の卒業なんですね。

まあ、そういう意味で、母も私も、死に対する恐怖はないのですが、
せめて、死ぬ時だけは、あまり苦しまなくてすむように、
コロリと楽に還ってほしいと、ただ、それだけを願っているんですよね。
まあ、破裂したら、コロリと還れるらしいのですが・・。

まあ、何にせよ、母が笑って逝くその日まで、せっせと世話をしたいと思う今日この頃です。
(とかなんとか言いながら、100歳まで生きたりして。あっ、祖母が逝ったのが102歳・・。)

さて、余談はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
24日に通常国会が召集されましたが、これは、消費税国会のようですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

増税から始まる日本の危機 ! ! ! 『歴史上、大震災のときに増税をした権力者はいない』

『日本の歴史を見るかぎり、あれだけの大震災があったときに増税をかけることのできた権力者というのは、いないと思いますよ。必ず、反乱や革命が起きるから、できないんです。
復興増税だけなら、まだ何とか、いちおうの弁解の余地というか、国民に言い含める余地はあるけど、それだけでないことは、あの政府広報を見れば明らかですね。

つまり、2011年12月4日の段階で、「さらに、これから、まだまだ増税をかけるぞ」と、 もう、やる気満々で宣言しているわけです。これは、ある意味で「宣戦布告」ですよね。

これに対するマスコミの弱腰は驚くべきことです。これは、この政権がマスコミとの"連立政権"であることを明らかに意味しています。自分たちが推して、民主党政権にしたので、自分たちで引きずり降ろしながらも、「『この政権は、やはり間違いではなかったのだ』という余地を残しておきたい」という感じかな。

だから、NHK出身の人(安住淳氏)を財務大臣に置いていますし、翌日の12月5日の朝日新聞の社説では、増税に対するまったく同じ意見をズバッと書いてありましたので、ちょっとあきれ返るというか、戦時中の「提灯持ち記事」のような感じを受けました。

政府とマスコミが、それだけ完全に癒着し、マスコミが、政府の考えていることをその通りにしか言わないというのは、北朝鮮と中国ぐらいではないでしょうか。私はイスラム教圏の新聞は読んでいないので、よく分かりませんし、今、各地で反乱が起きているから、ちょっと違うかもしれませんが、人々をうまく押さえ込んでいるときのイスラム教圏は、もしかしたら同様かもしれない。

ただ、私たちが知っている世界では、「国営放送や新聞等で、政府とマスコミの意見が完全に一致し、マスコミが政府のスポークスマンとして代わりに言っている」という状態が起きているところは、ほかには北朝鮮と中国しかありませんね。』

      ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
  第1章 忍び寄る国家社会主義の影 2.野田首相の心の底に流れる「左翼全体主義」より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、おひさしぶりでございます。
母が入院してから既に3週間が経ちましたが、
なかなか、全ての検査の結果が出ず、治療方針が決まらないんですよね。

そして、母がいないと、余計にボーッとし出した父を、足繁く、
母の病院に連れて行っているのですが、病院から帰ってしばらくすると、
「長い間、おばあちゃんに会ってないな」とのたまう父。
「はぁ?今さっき、会ったとこやろ~! 」と突っ込む私。
はい、コントのような2人暮らしをしている今日この頃です。(なんでやね~ん。)

あっ、でも、そんな父が、今日からショートステイに行ったんですよね。(もう昨日かな・・)
だから、2~3日は一人暮らしになるので、ここぞとばかりに仕事を仕上げ、
久しぶりに、落ち着いて、パソコンに向かっています。
今日は、中身が濃く、簡潔な記事が書けそうです。 (ほんまかいな・・。)

さて、今日はまず、書籍のご案内から。
以前も、ご案内しましたが、1月18日に、2冊、同時発刊されたんですね。

65bafb33709547c99bf6598d56a4d1cf_20120118231419.jpg   0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

はい、私は、18日に2冊とも入手し、早々と読破しました。
あっ、私は、いつも、書籍の一部をご紹介していますが、
書籍の全内容はご紹介できませんので、ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、この2冊に引き続き、前回記事にてご紹介した2つの公開霊言も、
速攻、書籍化され、1月27日には発刊されるみたいですね。

日銀総裁とのスピリチュアル対話
「通貨の番人」の正体

バブル懸念で好景気を潰し、デフレ脱却には及び腰。
日本経済を成長させない日銀とは何なのか。
金融政策の責任者・白川方明日銀総裁の本心を明らかにする。

【発行:幸福実現党】

もしケインズなら日本経済をどうするか
日本を復活させる21世紀の経済

日本が直面する財政・年金危機、超円高、TPP問題、震災復興―――。
ケインズなら、こう解決する。経済政策の次の一手が明らかに。

【発行:幸福実現党】

H7016.jpg   H7017.jpg
「「公開霊言」シリーズ」 | 幸福の科学出版

はい、いつも通り、書籍の発刊、はやっ ! です。
こちらも、ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、書籍のご案内はこれぐらいにして、今日も少しニュースを見てみます。
先日、野田内閣の改造が行われましたが、改造したら更に酷くなったみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

国家理念と未来ビジョンなき日本が目指す未来は・・ ? 『国家にも「設計図」が必要』

『やはり、何事においても、設計図がなければ物はつくれません。建物であろうと、船であろうと、飛行機であろうと、単純な機械であろうと、設計図がなければつくれないのです。

設計図があれば、大工なり、機械工なり、さまざまな専門家が、それに基づいてつくることができます。このように、設計図を持っていることが非常に大事なのです。設計図さえあれば、人の力を結集し、時間をかけていくことで、次第に設計図の示す方向に向かってできていくものです。

国もまったく同じであり、基本的には設計図が大事です。
国の設計図とはいったい何であるかというと、その国が拠って立つ「国家の理念」です。「何のための国家なのか。国家として何がしたいのか。どういう国にしたいのか」という未来ビジョンを持っていることが必要なのです。

会社で言えば、これは「経営理念」に相当するものです。会社には必ず経営理念が必要だと言われています。経営理念がなく、「ただ社員に給料が払えたらよい」というような会社は成り立っていきません。会社を大きくしたければ、やはり経営理念を持つべきであり、これを社員が共有したときにのみ、会社は大きくなっていくのです。

経営理念があってこそ、社長の心をわが心とする分身ができ、「社長が考える未来のデザインに向けて会社を大きくしていこう」と、社員が一致団結して努力するからです。

国においても同様に、国家の理念があればこそ、国民は実現に向けて、努力、邁進していくものです。したがって、国家の精神的な支柱、中心的な考えというものは、とても大事です。』

      ---「幸福実現党宣言」 第2章 この国の未来をデザインする
            1.この国に必要な「理念」とは より
  
515udo4ioEL__SL500_AA300_.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またちょっとごぶさたしました。
年末年始が終わったら、ちょっと時間が取れると思いきや、
意外に慌しく、目の前に届いた仕事を横目で睨む毎日。
はぁ、仕事しなきゃ・・と焦りながらも、先に記事を書いています。(ええんかいっ! )

そして、そんな慌しいご主人様を横目で見ながら、
我が家の愛犬らぶは、毎日、マイペースな時間を過ごし、
こたつのなかで安眠を貪っています。(おまえは猫かいっ ! )

でも、そんな、こたつのらぶ様を見ていると、ほんと、心が和みます。
動物って、ほんと、存在するだけで、人間の心を癒してくれるんですよね。
今年、14歳になる老犬ですが、このまま、元気に、
私のそばで、のんべんだらりと過ごしてくれればと願う今日この頃です。

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまずご案内から。
昨年から、公開対談、公開霊言が続き、即、書籍化という流れが続いていますが、
お正月早々、また、二つ、公開霊言が収録されたみたいですね。
はい、一つ目は、日銀総裁の白川氏の守護霊の霊言でした・・。(白川総裁もびっくり ! )

公開霊言「日銀総裁とのスピリチュアル対談」(白川日銀総裁守護霊の霊言)



さて、公開霊言の模様が、一部、動画で配信されていましたが、
日銀の白川総裁守護霊の霊言は、ほんと、びっくらこんですよね。
そして、もう一つの公開霊言は、日銀総裁と正反対のケインズの霊言。
ケインズさんの霊言は、今回、二度目ですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

主権在民 ! 独裁許すまじ ! 『大臣や官僚は「全体の奉仕者」としての姿勢を見せよ』

『日本国憲法をよく読んでいただきたいのです。「公務員は、全体の奉仕者」(第十五条二項)であると書いてあります。「お上」とは、どこにも書いてありません。「国民は、お上の言うことをきけ」「総理大臣は日本でいちばん偉い」などとは、どこにも書いていないのです。
憲法には「奉仕者」と書いてあり、英訳では、「サーバメント」となっています。サーバメントとは「召し使い」のことです。

総理大臣をはじめとする各大臣も官庁の高級官僚も、みな、"召し使い"なのです。したがって、国民のみなさんに、サーバメントとしての奉仕の姿を見せていただきたいものです。

「消費税率を上げる」というのなら、国民の前で、「どうか上げさせてください」と土下座をしていただきたいところです。
サーバメントなら、そのくらいのことをしても当然でしょう。「サーバメントが、主人の収入をピンはねして、自分の収入を増やす」というのは、どう考えても、おかしいのではないでしょうか。

大臣や高級官僚等は、要するに国民の召し使いなのですから、パブリック・サーバメントです。自分たちだけで決めて税率を上げられるような立場にはないのです。主権在民である以上、ご主人さまは国民です。
ところが、召し使いのほうが、「自分たちの生活が厳しいから。もっと使いたいから」ということで、ご主人さまの収入をピンはねし、自分たちの収入にしようとしているのです。

残念ながら、現在、憲法改正ができるような状態にはありません。したがって、今のままで構わないので、せめて、召し使いとして、国民のみなさんに大いに謝罪をしていただきたいと思います。「このように決まりました」という報道だけがなされるような状態は、どうか改めていただきたいものです。』

     ---「宗教立国の精神」 第3章 第一部 なぜ政治に進出したのか より

H0265.jpg

ご訪問ありがとうございます。
12月も下旬になって、ほんとに、寒くなりましたね。
ああ、そのあまりの寒さに、私は、早々と、冬眠しておりました。
(って、そんなやつおるか~!)

はい、冗談はさておき、早いもので、今年もあと2週間。
新しい年に向けて、いろいろ準備を始めたいと思う今日この頃です。
って、年賀葉書もまだ買っとらんがね・・。
(さっさと買って、年内に年賀状を出せ~ ! とのお声が・・。うっ、無理っす ! )

さて、参加していたブログ村のトーナメントが終わりました。
国内政治&国際政治 記事トーナメント - 政治ブログ村

はい、幸福実現党の加納さんが、見事優勝されました。
と、ちなみに、私は、その加納さんに準決勝で当たり3位という結果に。
応援してくださった皆様、ほんとに、ありがとうございました。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
民主党政権誕生後、私はずっと、解散総選挙を叫び続けてきましたが、
もしかしたら、来年、衆院選が行われる可能性があるみたいですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

不当な増税を日本人は許すの?『アメリカの独立戦争のきっかけは、不当な税金への反発』

『 かつて、アメリカには、「ティーパーティー事件」というものがありました。母国イギリスの茶税に反発し、紅茶の箱を投げ捨てて、「税金を払わない」という意思表示をしたことが、アメリカ独立運動へと発展していきました。アメリカ独立運動のきっかけは、実は税金の問題なのです。

 アメリカは、本国のイギリスから紅茶を輸入していましたが、その紅茶を飲むのに税金がかかっていたわけです。
 そこで、紅茶に税金をかけられることに反発し、積み荷の茶を海に捨て、「税金を払わない」という不買運動が起きたわけですが、実は、これがアメリカの独立戦争の引き金になっているのです。税金とは、それほど重いものなのです。要するに、税金によって、  植民地化され、完全に支配されてしまう可能性があるということです。
 このように、不当な税金に対する反発が、アメリカがイギリスから独立するきっかけになったのです。

 ちなみに、今のオバマ政権はアメリカのなかでも極左であり、やや社会主義的傾向が強く、国民皆保健に近い医療保険制度をつくるなどしています。
 それに対して、アメリカでは、「財政赤字が拡大しているなかで『大きな政府』をつくり、税金を再分配しようとしてしまっては、自由の領域がなくなってしまう」ということで、かつての「ティーパーティー事件」をまねて、オバマ政権に対する反対運動がかなり盛り上がっています。政府を倒し、オバマ大統領を再選させないようにする運動が起きているのです。』

 -「救国の秘策」-公開霊言 高杉晋作 田中角栄- 第1章 国家社会主義との対決 より

H0289.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎度毎度のごぶさたです。
光陰矢の如し。
ほんとに、月日が過ぎるのは、飛ぶ矢のように早いですね。
(といっても、今の時代、矢が飛ぶのを見ることはありませんが。って、見たら怖いがな・・。)

12月も既に3日になって、今年も、あと一カ月足らずになりました。
悔いのない一年を終えるために、残り少ない日々を、
有意義に過ごしたいと思う今日この頃です。
みさなまも、一年の締め括りの月、有意義にお過ごしくださいませ・・。
(言われんでも、有意義に過ごしとるわ~ ! とのお声が・・。ヘッ、スンマソン・・。)

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
復興財源確保法案が成立し、復興増税が確定してしまいましたね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

増税してばら撒き?更に赤字を増やすの? 『財政赤字はリストラのチャンスと捉えるべき』

『もし、公務員国家としての破産が起きたら、民間から人が集まり、政府をつくり変えればよいだけのことです。
それは、明治維新のパートツーが起きることを意味します。"幕府"の財政が潰れ、新しい政府をつくらなければいけない時代が来るだけのことです。公務員を養っている経営体が潰れる可能性はありますが、日本という国自体の基本的な経営が潰れるわけではないのです。

要するに、「潰れる」ということは、「赤字部門がリストラされ、再建される」ということを意味しているので、公共部門の財政破綻は、むしろリストラのチャンスと捉えるべきでしょう。

「常に赤字にしておかないと、採算の悪いことをし続ける」というのが、政治家や公務員の習性であると見てもよいので、政府や地方公共団体が赤字であるということは、それほど悪いことではありません。「採算の悪いことをしなくなる」という良い面もあるのです。
さらに、政府や地方公共団体が「赤字だ」と見ているもののなかに、現実には資産がかなり隠れていて、赤字は見かけよりも少ないのです。

政府や地方公共団体には、民間会社のような決算書、つまり貸借対照表や損益計算書等がないので、資産の部分が現実には分かりません。経営状態がはっきりとは分からないのです。
そのため、正確な数字は出ていませんが、ただ、資産の部分もそうとう持っていることは判明しているのです。

財政問題について、ここまで考えると、「増税が不可避である」と言って、消費税率を十パーセント、二十パーセント、あるいは、それ以上に上げていく必要はないと言えます。』

      ---「危機に立つ日本」 第3章 危機に立つ日本 
     3.必要のない「増税」が行われるおそれ[増税の危機] より

2991d3.jpg

ご訪問ありがとうございます。
また、ちょっとごぶさたしてしまいました。
我が家の犬の容態も、やっと落ち着いたのですが、
ほっと一息も束の間、母の意識が飛んだり、
夜中に父が奇行を繰り返したりで、ちょっと、
自身の介護計画の見直しを迫られています。(行き当たりばったり計画・・)

ということで、もっともっと記事を書きたいのに、
なかなか、書き切ることができない今日この頃です。(いつものことやけど・・)
はい、今日の記事は、簡潔にまとめたいと思います。
(ほんまかいな~! とのお声が・・。はい、今日こそ簡潔です ! たぶん・・ )

さて、こんな状態で、なかなか記事が書けない私に、
また、トーナメント参加のお誘いがありました。
日本の政治  トーナメント
草莽崛起、二十一回猛士。 7

はい、私は、もう、開き直って、既存の記事で参戦しちゃいました。
我こそはと思われる方、ぜひ、ご参戦を・・。

さて、今日も少し、ニュースを拾ってみました。
昨日は、大阪府知事・大阪市長のダブル選挙の投票日でしたが、
大阪の有権者は、やっぱり、大阪の改革を望んでいるようですね・・。

たまには、ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示